NEW

武豊も意外? キタサンブラック「顕彰馬落選」。壁として立ちはだかった「3頭」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊も意外? キタサンブラック「顕彰馬落選」。壁として立ちはだかった「3頭」の画像1

 JRA(日本中央競馬会)は、2019年度の顕彰馬を『選定馬なし』だったと発表した。

 毎年、約200名の大手メディア所属記者の投票によって選定される顕彰馬。今年は193名の記者が「1人4票」までという規定の下で投票を行ったものの、第1位のキタサンブラックは140票と選定基準となる4分の3にあと5票及ばず、惜しくも落選。歴史的名馬の殿堂入りは来年以降に持ち越しとなった。

 2位はブエナビスタで94票(48.7%)、3位はモーリスが89票(46.1%)。昨年惜しまれつつ亡くなったスペシャルウィークは88票(45.6%)の4位に終わっている。

 キタサンブラックは通算G1・7勝、18億7684万3000円を獲得し、JRA歴代賞金王にも輝いている。さらに引退後に種牡馬入りを果たした際は、約13億5000万円という破格のシンジケートが組まれるなど、これからにも多くの期待が掛けられていた。

「キタサンブラックは顕彰馬まであと一歩届きませんでしたね。ここ数年はブエナビスタ、スペシャルウィークらがある一定数の票を獲得。そのため、新規有資格馬にとって壁のように立ちふさがっています。早く顕彰馬として選出していればこのようなことはなかったと思うのですが……。

ただ今年はあと5票足りませんでしたが、昨年選出されたロードカナロアは前年選定基準にあと4票届かなかったその翌年に選出されました。キタサンブラックも来年選ばれる可能性は十分あるでしょう」(競馬記者)

 来年、キタサンブラックは顕彰馬に選出されるのだろうか?

武豊も意外? キタサンブラック「顕彰馬落選」。壁として立ちはだかった「3頭」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!