NEW

武豊ディアドラ「世界最強メンバー」に挑戦! 英プリンスオブウェールズS(G1)で復活なるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊ディアドラ「世界最強メンバー」に挑戦! 英プリンスオブウェールズS(G1)で復活なるかの画像1

 19日、武豊騎手とディアドラ(牝5歳、栗東・橋田満厩舎)が、イギリスのアスコット競馬場で行われるプリンスオブウェールズS(G1、芝1990メートル)に挑戦する。

 一昨年の秋華賞馬ディアドラ。昨年はクイーンC(G3)と府中牝馬S(G2)を連勝すると、年末の香港C(G1)でも2着。G1競走2勝目も目前かと思われた。だが、今年は1番人気に支持された中山記念(G2)でまさかの6着。掲示板を外す結果に終わると、続くドバイターフ(G1)で4着、武豊騎手と挑んだQE2世C(G1)で6着と勝利から遠ざかっている。

「ここ最近は成績が振るっていないディアドラですが、前走後、帰国することなく英国のニューマーケットに直行。管理する橋田調教師は『ニューマーケットでは、いろいろなところで調教もできる。それで走る気になってくれれば』と環境が変わることで、いい影響があるのではないかと語っています。

 そのディアドラの最終追いは、ポリトラックで行われました。橋田調教師は『動きも納得できるいいもの』だといい、『いい状態でレースに臨めそうだ』と状態には太鼓判を押していましたよ。そろそろいいところを見せてもらいたいですね」(競馬誌ライター)

 今年のプリンスオブウェールズSは、8頭立てで開催される予定。現時点でディアドラは、イギリスおよびアイルランド政府が公認する正規のブックメーカーで、4番人気か5番人気になると予想されている。

武豊ディアドラ「世界最強メンバー」に挑戦! 英プリンスオブウェールズS(G1)で復活なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!