NEW

パチスロ『バジリスク絆』撤去後の秘策!? ホール関係者が考える「対策」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ『バジリスク絆』撤去後の秘策!? ホール関係者が考える「対策」とはの画像1

 ここ数年、ホールで主役級の活躍を見せてきたパチスロ5号機。そんな機種たちが、2019年は大量に姿を消すことになる。

 4月には、長期稼働を実現した『パチスロ北斗の拳 転生の章』の撤去が開始。ファンからは悲しみの声が上がった。

 今後も認定切れの機種が撤去されていく予定。8月には人気機種『パチスロ化物語』、10月には『SLOT魔法少女まどか☆マギカ』が撤去される。

 ホールにとって、最も厳しいのは12月だろう。同月には『モンスターハンター月下雷鳴』『アナザーゴッドハーデス 奪われたZEUS Ver.』『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』という「メイン機種」が姿を消す。

 経営に与える影響は、間違いなく大きいだろう。その状況を迎える前に「何をするか」という点が重要になりそうだ。

「特に厳しいのは『絆』ですよね。現在でも高稼働を見せている絶対王者。最後の最後まで『絆』に頼るホールは多いでしょう。6号機も頑張っていますが、高射幸性マシンが設置されている状況では難しい。やっぱり『絆』には勝てませんから。

もちろん、この先に登場する6号機にも期待はしています。しかし、その時を迎えるための準備はしておかなければなりません。『絆』を失ってから動き出すのでは遅いでしょう。『ディスクアップ』に力を入れるなどもありますが……。

パチスロ『バジリスク絆』撤去後の秘策!? ホール関係者が考える「対策」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事