NEW

武豊「宝塚記念(G1)不参加」でも阪神競馬場に行く理由!?「評判になってますよね」大物キズナ2世リメンバーメモリーに「やっぱりダービーと、海外」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「宝塚記念(G1)不参加」でも阪神競馬場に行く理由!?「評判になってますよね」大物キズナ2世リメンバーメモリーに「やっぱりダービーと、海外」の画像1

 20日、武豊騎手が自身の公式ホームページを更新し、ディアドラで挑戦した昨日のプリンスオブウェールズS(G1)など海外挑戦を振り返るとともに、今週末の宝塚記念(G1)に対する思いをつづっている。

「残念ながら宝塚記念は見学にまわることになりそうです」

 春競馬を締めくくる今年の宝塚記念は、昨年の最優秀4歳以上牡馬レイデオロ、大阪杯(G1)を勝ったアルアインを始め、G1馬6頭が顔をそろえる一戦となったが、残念ながら武豊騎手の騎乗馬はなし。「上半期の総決算をどうぞお楽しみください」とエールを送っている。

 それでも競馬界のレジェンドには、宝塚記念当日の阪神競馬場に大きな”希望”がある。

 2013年のダービー馬キズナ「2世」リメンバーメモリー(牡2歳、栗東・佐々木晶三厩舎)が、いよいよデビュー戦(芝1800m)を迎えるからだ。

 かつて「僕は帰ってきました!」のフレーズとともに、武豊復活の象徴的な存在となったキズナ。数多の名馬に騎乗したレジェンドにとっても、特に思い出深い一頭を手掛けた「チーム・キズナ」が再び頂点を目指して始動する。

「リメンバーメモリーが所属する佐々木晶三厩舎は、かつてキズナを手掛けた厩舎。さらに担当の田重田厩務員も、キズナを受け持った腕利きです。オーナーは、もちろん前田晋二氏。まさに『チーム・キズナ』の復活ですよ。

また前田氏は、自牧場のノースヒルズで積極的に種付けし『新種牡馬キズナ』の門出を猛プッシュしていますが、リメンバーメモリーはあえて一昨年のセレクトセールで9000万円で落札した馬。それだけを見ても特別な存在ですし、前田氏のリメンバーメモリーに対する期待がうかがえます」(競馬記者)

武豊「宝塚記念(G1)不参加」でも阪神競馬場に行く理由!?「評判になってますよね」大物キズナ2世リメンバーメモリーに「やっぱりダービーと、海外」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!