NEW

パチスロ新台「激アマ6号機」数回転で「爆乗せ」発生!気になる獲得枚数は!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ新台「激アマ6号機」数回転で「爆乗せ」発生!気になる獲得枚数は!?の画像1

 大松のパチスロハイエナ実戦。今回は話題の新台、株式会社ネットの『スーパードラゴン』について書いていこうと思う。

 この『スーパードラゴン』は宣伝の通り最大1999枚が70%ループするというかなり爆発力のある機種である。

 ズバリ言ってしまえば、6号機でありながら有利区間のデメリットを消し去った台と言って良い。

 どういうことかというと、擬似ボーナス後に有利区間が終了し有利区間開始時に70%の連荘ゾーン「竜宮ゾーン」が開始される仕組みになっている。

 つまり、有利区間関係なく70%がループするので引きが良ければ延々と連荘できるのである。

 そのままであればリセット時に「竜宮ゾーン」から始まるはずだったのだが、ある動画でネットの営業の方が「リセット後は37%で連荘ゾーンから始まります」と言っていたので対策がしてあるようだ。

 それは残念ではあるが、「37%×70%=約25%」朝一約10ゲームで25%の当たりを得られるのは充分な気もする。

 スロッターの方々に簡単に言えば、5号機の『スーパービンゴプレミアム』によく似ている。両機種を比較してみよう。

【スーパービンゴプレミアム】
・コイン持ちが50枚/約29ゲーム
・天井以外は8%でhooah発生
・hooahで111ゲーム〜3888ゲーム(未確認情報)
・最大継続率90%

【スーパードラゴン】
・コイン持ちが50枚/約43ゲーム
・8%で昇龍発生
・昇竜で101〜1999枚(ゲーム数換算最大約666ゲーム)
・継続率70%固定

 まさにマイルドな『スーパービンゴプレミアム』といったところだが、「hooah」にあたる「昇龍」に70%で毎回チャレンジ出来るのが嬉しいところだ。

 噂によると既に一撃9200枚の報告があるという情報もある。

 さて、そんな『スーパードラゴン』だが、私が着席した台の枠の色に注目して頂きたい。

パチスロ新台「激アマ6号機」数回転で「爆乗せ」発生!気になる獲得枚数は!?の画像2

 枠の色がオレンジ色に光っているのがお分かりいただけるだろうか。

 これは「夕方ステージ」という「当たりが近い示唆」になるのだが、実戦上かなり信頼度は高い。

パチスロ新台「激アマ6号機」数回転で「爆乗せ」発生!気になる獲得枚数は!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!