NEW

武豊アンバサダーに不運アーモンドアイ。JRA宝塚記念前の2019年前半競馬総括~事件・記録・快挙・悲報~

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊アンバサダーに不運アーモンドアイ。JRA宝塚記念前の2019年前半競馬総括~事件・記録・快挙・悲報~の画像1

 週末の宝塚記念で2019年のJRA(日本中央競馬会)競馬も前半が終了。夏競馬とともに後半へと突入していく。それにしても2019年は非常に内容の濃い、そして盛りだくさんの出来事が続いた。そんな2019年の出来事や記録を月ごとに振り返ってみたい。

■1月

 新年も地方競馬は元旦の1月1日から開幕。2019年最初のレースは、11時に発走した名古屋競馬の第1レースだった。JRAは1月5日より開幕、中山金杯はウインブライトが勝利。京都金杯はパクスアメリカーナが勝利した。

 生産体系や生産上の指標という位置付けで、オープン競走の一部にリステッド競走の格付けがスタート。

 1月26日にアメリカのガルフストリーム競馬場で行われた、ペガサスワールドカップターフにアエロリットが出走するも9着に敗退。

 河内洋調教師がJRA通算300勝を達成。

 加藤征弘調教師がJRA通算500勝を達成。

 荻野極騎手がJRA通算100勝を達成。

 大野拓弥騎手がJRA通算500勝を達成。

 田辺裕信騎手が1万回騎乗に続きJRA通算800勝を達成。

 西谷誠騎手がJRA通算200勝を達成。

 ディープインパクト産駒が史上2頭目となるJRA通算1800勝を達成。サンデーサイレンス産駒を上回る最速の記録。

 天皇賞(秋)とマイルCSを優勝したカンパニーが死亡。

 地方川崎競馬所属の森下博騎手が63歳8か月27日で勝利。1973年4月以降、騎手の最高年齢での勝利記録を更新。

■2月

 船橋競馬所属の石崎隆之騎手が引退。63歳だった。

 降雪の影響で9日の東京競馬5日目が中止となり、11日に代替競馬が行われた。

 フェブラリーステークスを武豊騎手鞍上のインティが勝利。ケイムホーム産駒初のG1馬誕生。

武豊アンバサダーに不運アーモンドアイ。JRA宝塚記念前の2019年前半競馬総括~事件・記録・快挙・悲報~の画像2

 藤田菜七子騎手がフェブラリーステークスでコパノキッキングに騎乗。女性騎手として初めてJRAのG1レースに騎乗に。

 高野友和調教師がJRA通算200勝を達成。

 24日のWIN5でJRA史上最高配当となる471,809,030円が飛び出した。2→15→12→11→5番人気の決着で、的中は1票のみ。

 28日付けで伊藤正徳、沖芳夫、栗田博憲、坂口正則、柴田政人、谷原義明、中村均、松本茂樹の調教師8名が引退。

武豊アンバサダーに不運アーモンドアイ。JRA宝塚記念前の2019年前半競馬総括~事件・記録・快挙・悲報~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!