NEW

SGグラチャン優勝戦予想! ボートレースファン注目の大一番を制するのは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SGグラチャン優勝戦予想! ボートレースファン注目の大一番を制するのはの画像1

 23日、ボートレース多摩川で開催されているSGグラチャンが最終日を迎える。優勝戦、特選A・Bの予想をしていこう。

 多摩川競艇場でのSG開催は10年振り。広い水面とあって大技の応酬が期待された。しかし、最も目立ったのはイン逃げだった。機力上位の選手によるまくりも何本が決まったが、まくりに乗った鮮やかなまくり差しはあまり見られなかった。

 これにはグラチャン(正式名称:グランドチャンピオン)の性格も関わっている。基本的な選考基準は前年のSG競争における得点率上位選手。したがって、一般戦で多くの優勝を数えただけでは出場できない。生きのいい若手が多く出場できるわけではなく、SG慣れしたしぶとい猛者が集うレースだ。さらには、新エンジンとなって4節目。まだエンジン差が少ないこともあった。

 まくりやまくり差しよりも、狙うは競艇のセオリーであるイン逃げ。この傾向は最終日にはもっと強くなるだろう。

10R 特選B(締切予定 15:16)
1号艇 中野次郎(4075、38歳・東京)
2号艇 守田俊介(3721、43歳・滋賀)
3号艇 毒島 誠(4238、35歳・群馬)
4号艇 寺田 祥(3942、40歳・山口)
5号艇 丸岡正典(4042、39歳・大阪)
6号艇 魚谷智之(3780、43歳・兵庫)

 特選Bは準優で5着、6着だったメンバーが組まれるレースだが、準優10Rで白井英治と新田雄史が痛恨のフライング。準優には間に合わなかった5号艇丸岡と6号艇魚谷が繰り上がった。特に丸岡は初日、2日目で大敗してしまったが、その後にエンジンが上昇。3日目からの成績は1・1・3・1と抜群だ。2着、3着に狙いたい。

 1号艇中野が地元の意地でイン逃げを決めるだろう。2号艇守田は初日からエンジンは出ていた。4日目に転覆したものの準優には間に合ったが、6コースでは勝負にならなかった。エンジンならこの人だ。昨年、SG優勝を量産した3号艇毒島は最後までエンジンが仕上がらなかった。ここは消したほうが面白いだろう。

 舟券は3連単フォーメーションで1・25・254。穴は守田が差し抜けで215、251。

SGグラチャン優勝戦予想! ボートレースファン注目の大一番を制するのはのページです。GJは、競輪・競艇、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事