NEW

【帝王賞(G1)展望】「大本命」武豊インティVS「未完の大器」チュウワウィザード! G1馬7頭が集う上半期ダート頂上決戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【帝王賞(G1)展望】「大本命」武豊インティVS「未完の大器」チュウワウィザード! G1馬7頭が集う上半期ダート頂上決戦!の画像1

 26日には大井競馬場で交流重賞の帝王賞(G1)が行われる。ルヴァンスレーヴやゴールドドリームなどの回避は残念だが、今年もダート界の中心メンバーが集結。上半期を締めくくる一戦として、興味深いレースになりそうだ。

 中でも中心視されているインティ(牡5歳、栗東・野中賢二厩舎)にとっては、負けられない戦いになりそうだ。

 今年2月のフェブラリーS(G1)を制し、怒涛の7連勝でダート界の頂点に上り詰めたインティ。前走のかしわ記念(G1)では、得意の逃げに持ち込むのに時間が掛かったこともあって2着。連勝が止まってしまったが、勝ったゴールドドリームが不在ならここでは一枚上の存在だ。

 課題は、やはり初の2000mか。1800mの東海S(G2)でも強い競馬を見せているが、圧倒的なスピードで押し切るタイプだけに200m延長の影響は小さくない。主戦・武豊騎手のペース・コントロールに注目だ。

【帝王賞(G1)展望】「大本命」武豊インティVS「未完の大器」チュウワウィザード! G1馬7頭が集う上半期ダート頂上決戦!の画像2

 逆転候補の筆頭は、昨年の東京大賞典(G1)を勝ったオメガパフューム(牡4歳、栗東・安田翔伍厩舎)だ。

 G1馬として挑んだフェブラリーSこそ距離不足で10着に大敗したオメガパフューム。だが、前走の平安S(G3)では3着に敗れたものの、59kgを背負っての力走。改めてトップクラスの能力を示した。

 昨年のチャンピオンズC(G1)、今年のフェブラリーS以外はすべて馬券圏内を確保。特に1800m以上ならチャンピオンズCの5着以外は、すべて3着以内で安定感は抜群だ。インティとはフェブラリーS以来の対戦となるが、2000m戦なら逆転も十分だろう。鞍上はD.レーン騎手。

【帝王賞(G1)展望】「大本命」武豊インティVS「未完の大器」チュウワウィザード! G1馬7頭が集う上半期ダート頂上決戦!のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!