NEW

パチンコ新時代で「限界突破」”激ヤバ”スペックが!? 5000発が「ループし続ける」モンスターマシンが爆誕!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ新時代で「限界突破」激ヤバスペックが!? 5000発が「ループし続ける」モンスターマシンが爆誕!?の画像1

 人気シリーズ最新作にして「シリーズ最高峰」のスペックを実現した、コナミアミューズメントのパチスロ6号機『麻雀格闘倶楽部 参』。ゲーム性はシリーズ初のATタイプを採用し、その純増スピードは驚異の約5.0枚と、6号機のなかでも高い性能を誇る

 また、本機のAT「格闘倶楽部RUSH」は超”上乗せ特化”タイプとなっており、高確率で枚数の上乗せ抽選が行なわれる模様。その確率は1/10以上との情報も上がるなど、ATの面白さを存分に味わうことができそうだ。

『麻雀格闘倶楽部 参』の登場により、6号機でリリースした機種は4台目となるコナミアミューズメント。数々の画期的システムを送り出してきたヒットメーカーだけに、その手腕に期待は高まるばかりだが……。

 パチンコ分野からも目が離せない。

 24日、パチンコ最新作となる『ゴールドマックス 限界突破!!!!!』のティザームービーを公開。その衝撃の内容に早くもアツい視線が注がれている。

「先日検定を通過した『ゴールドマックス』。その期待感を煽るという機種名が早速話題になっていましたが、まさにその通りの性能といえるでしょう。PVでは『7000over』『限界突破』という文言の他、最後には『最大5000×約43%ループ!?』というワードも映し出されています。

注目したいのはやはりスペック面ですが、2つの『7000over』『最大5000』という数字はどういう意味なのでしょうかね。どちらも確実に出玉性能を示唆しているかと思いますが、この数字を見る限り、『最大5000なのに7000を超える(over)』と解釈できるわけで矛盾を感じざるを得ません。詳細が気になるところです」(記者)

 一撃出玉に期待が持てそうな『ゴールドマックス 限界突破!!!!!』。その一方で、PVの冒頭に映し出されていた筐体にも注目が集まっている。

パチンコ新時代で「限界突破」”激ヤバ”スペックが!? 5000発が「ループし続ける」モンスターマシンが爆誕!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!