NEW

JRA川田将雅は「怖くない」……春G1豪華布陣空振りに終わった「真因」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA川田将雅は「怖くない」......春G1豪華布陣空振りに終わった「真因」の画像1

 先週で上半期のG1戦線も終わり。北村友一騎手のG1初制覇、D.レーン騎手の大活躍などがあったが、イマイチ波に乗れずに期待されていた成績を収められなかった騎手も大勢いる。その代表格として名が挙げられるのが川田将雅騎手だろう。

 川田騎手は、古馬マイル路線ではダノンプレミアム、中距離にはキセキ。3歳勢ではマイル路線にダノンチェイサー、牡馬クラシックはヴェロックス、牝馬ではダノンファンタジーなど、騎手ならば誰もが羨む豪華なお手馬を抱えていた。

 騎手リーディングでもトップをひた走っていたこともあり、その時点では『川田騎手は春のG1をいくつ勝つのか』とも言われていた。だがいざフタを開けてみると2着は3度数えたものの、未勝利。5度も不利を受けるなど不運な面が重なったことも影響しているようだが、問題はそれだけではないと関係者は教えてくれた。

「川田騎手は最上級の結果が出ずとも、オーナーなどが”納得できる競馬”を見せてくれます。ですが、それは裏を返せば、一か八かの冒険をしないということ。だからパターンが読みやすいそうで、一部の有力騎手は、『川田さんの馬をマークすればいいから楽だ』と話し、また突飛な騎乗もしないため『あまり怖くない存在』なんだそうです」(競馬関係者)

 たしかに宝塚記念(G1)でもキセキに騎乗した川田騎手は、レーン騎手のリスグラシューにピッタリとマークされていた。ペースや進路の判断などが的確で無謀な動きもしない川田騎手は、一部の有力騎手からすると”精巧なガイド”にもなりうるのかもしれない。

 緻密に計算されたかのような騎乗を見せる川田騎手。悪く言えば融通が利かないということだが、それは彼の性格が影響しているのかもしれない。

JRA川田将雅は「怖くない」……春G1豪華布陣空振りに終わった「真因」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!