NEW

パチンコを「救う議員」の誕生か……業界の「未来」に与える影響とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチンコを「救う議員」の誕生か……業界の「未来」に与える影響とはの画像1

 

 今年の夏に開催される参議院選挙。その中で、パチンコ業界と関係性の深い人物が存在する。自民党より全国区比例代表で、出馬予定の前参議院議員の尾立源幸氏だ。

 同氏は「大衆娯楽である遊技産業を守ります」との発言が話題となった。「業界の未来に影響を与える存在」と期待されている。パチンコ業界関係者の注目は当然ながら高い。

 5月17日には、業界の有志で構成する「おだち源幸遊技産業後援会」と「全日本遊技産業政治連盟」が「前参議院議員 おだち源幸君を励ます集い」を開催。その詳細が業界専門誌「遊技通信」(遊技通信社)7月号で紹介されている。

 パーティー前の会見で尾立氏は「パチンコ業界を代表する議員がいない」とコメント。そのうえで「業界の代弁者として国政の場で発言する」と、決意を表明したようだ。

 当日は自民党の二階俊博幹事長、平沢勝栄衆議院議員、秋元司衆議院議員が応援に駆けつけ、尾立氏を激励したと報じられている。

 パチンコ業界にとって「当事者の声が確実に国政の場へ届けられる」ということが、非常に重要なことは明らかだ。「パチンコ業界の族議員になる」と宣言した尾立氏へ注目が集まることも当然だろう。

「今年に入り、自民党議員含む関係者らが『保通協の試験改善を求め意見書を提出した』というニュースが報じられました。これに対し『6号機の適合率は格段にアップする』という意見も上がりましたよね。

パチンコを「救う議員」の誕生か……業界の「未来」に与える影響とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!