NEW

パチンコ偉大な名機に「攻略法」で挑む!? 現役の「レジェンド」が“初めて”を奪った

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビッグシューター』……。

 言わずと知れたパチンコ「羽根物」界の超ビッグタイトルである。あるいは伝説、レジェンドといっても差し支えあるまい。羽根物の発展期を支えた機種であり、役物内で玉を貯留してV入賞の再現性を高め、ラウンド継続を容易にする創意工夫は本機から始まったのである。

 本機の登場は古いものであるが、その精神性が受け継がれたシリーズ機が近年まで継続的にリリースされていたので、古参のファンならずとも本機の魅力を知るパチンコファンは年齢を問わず多く存在するのだ。

 羽根物には、このような継続性を可能にする本質的な特性が備わっている。それは次代に引き継がれる過程を経ても役物の基本的な構造や仕組みに大幅な変更がなされないからである。

 デジパチやスロットのおける「過去の名機」のリメイクは、失敗という言葉は強すぎるかもしれないが、そのほとんどにおいてメーカーが抱いていた思惑、商業的な成功と、ユーザー側が抱く期待値、理想との乖離、といったギャップが生じ、オリジナルを超える、またはそれに迫るような成果を挙げられていないという現実があると思う。

 これはまた別の要素、スペック面での再現性にもある。その時の規則や内規などの状況にもよるが、たいていの場合は同様の仕様は「再現不可能」であり、基本的に規制を前提として時間を積み重ねてきた業界の構造的問題でもある。

 その意味において、スペック面での影響を受けない羽根物にはシリーズ機を受け入れられる土壌があり、オリジナルからほとんど変わることなくいくつもの時代を渡り歩くことができた要因となるのだが、もちろん「改悪」がなかったわけではない。私がもっとも残念に思う羽根物リメイクの変更はアタッカーの搭載である。大当り中はデジパチのように盤面下部に搭載されたアタッカーによって出玉を得るというものだ。

パチンコ偉大な名機に「攻略法」で挑む!? 現役の「レジェンド」が“初めて”を奪ったのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事