NEW

パチンコ「確変」伝説の始まり……創造性とゲーム性が「最高峰の娯楽」をもたらした

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチンコ「確変」伝説の始まり……創造性とゲーム性が「最高峰の娯楽」をもたらしたの画像1

 

 現代パチンコになくてはならない機能「確変」。このパチンコ史に燦然と輝く歴史的機能は、その偉大さゆえにそれにまつわる「はじめて物語」がいくつも存在する。パチンコ初となる確変機能搭載機種はSANKYOの『フィーバーチャレンジII』と前に紹介した。

 しかし、これは小当り確率の変動であった。では、今の常識となっている「大当りの確率変動」を搭載した機種は何だったのであろうか。

 平和の『エポック』である。1991年に登場したこのマシン、実は権利物で、しかも初の3回権利を実装した機種となっている権利物界の金字塔的存在なのだ。ちなみに、権利物なので当然権利が発生すれば必ず3回大当りを獲得できる。つまり確変突入率100%の最初の台でもあるといえよう。

 その確変機能、通常時の大当り確率は1/30だが、初当り後の2、3回目の権利中は1/3と10倍アップ。ただ、デジタルが揃った後に、約1秒開放する盤面左下の電チューに入賞させ、さらにその下にある3つ穴クルーンの手前のV穴に入らないと権利が発生しない、なかなか難しい台でもあった。

 この後「ダービー物語事件」を経て時代はCR期に突入する。

パチンコ「確変」伝説の始まり……創造性とゲーム性が「最高峰の娯楽」をもたらしたのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!