NEW

JRA「新大器」ロシュフォールの試金石!七夕賞でスターダムの足がかり?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月7日、福島競馬場でサマー2000シリーズ第1弾、七夕賞(G3、芝2000メートル)が行われる。最有力候補と目されるロシュフォール(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)について検討する。

 この夏、最大の注目馬はロシュフォールになるかもしれない。仕上がりが遅れたため昨年4月、中山の未勝利戦(芝2000メートル)でデビュー。出遅れて後方からのレースになってしまい、鞍上の内田博幸騎手は3角手前からまくりを打ったが、直線では力尽きてしまい6着だった。しかし、2戦目から快進撃がスタートする。デビュー戦以後の全成績は次のようになっている。

東京 未勝利(芝2000メートル) 1着(1馬身半差)

新潟 500万下(芝1800メートル) 1着(2馬身半差)

京都 1000万下特別(芝1600メートル) 2着(3/4馬身差)

東京 1000万下特別(芝1800メートル) 1着(2馬身差)

東京 1600万下特別(芝2000メートル) 1着(1馬身1/4差)

新潟 新潟大賞典(G3、芝2000メートル) 3着(3/4馬身+ハナ差)

 条件戦では一度負けた以外は完璧な結果を出している。上がり3Fはすべて最速。唯一の2着はマイル戦で、道中の追走に苦労していた。2000メートル前後が適性距離なのだろう。重賞初挑戦となった前走の新潟大賞典では1番人気に支持されたが3着に敗れてしまう。出遅れてほぼ最後方からの競馬となり、直線で追い込んだものの勝ったメールドグラースと2着ミッキースワローに届かなかった。

 後方からの競馬になってしまったことを木村哲也調教師は「抑えているのでなくてもあの位置。馬がズルい」と分析している。“ずるさ”が出なければロシュフォールが新潟大賞典を勝っていた可能性は大いにあったということだ。気性面については問題がはっきりした以上、中間の調整で解決してくれるだろう。木村厩舎は昨年ステルヴィオでマイルCS(G1、芝1600メートル)を制した。その厩舎力を信頼する。

 競走成績も見てもロシュフォールの素質の高さはよくわかるが、血統的な魅力も大きい。父キングカメハメハの偉大さについては言うまでもないが、注目すべきは3代母バレークイーン。バレークイーンが日本に輸入され最初に出した仔がデビュー3戦目で日本ダービー(G1、芝2400メートル)を制したフサイチコンコルド。バレークイーン一族は枝葉を広げ皐月賞馬ヴィクトリーなどを出している。一昨年の日本ダービーで1番人気3着だったアドミラブルも近親にあたる。ロシュフォールは血統的に見ても今後の成長次第でG1制覇を狙えそうな1頭だ。

JRA「新大器」ロシュフォールの試金石!七夕賞でスターダムの足がかり?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事