NEW

JRA「新大器」ロシュフォールの試金石!七夕賞でスターダムの足がかり?

【この記事のキーワード】, ,

JRA「新大器」ロシュフォールの試金石!七夕賞でスターダムの足がかり?の画像2

 しかし、七夕賞を勝つには気性以外にもいくつかの課題はある。1つは右回りコース。デビュー戦で6着、マイルの1000万下特別で2着に負けているからだ。ただし、この2戦が初めてのコース、さらに適性距離ではなかったことを考えれば、右回りコース不得手と判断する必要はないだろう。木村調教師は「もう1個上のレベルに行ける馬だと思ってやっています」「小回りだろうが、右だろうが左だろうが、やんなきゃ駄目」ときっぱり。さらに上を目指す意気込みが窺える。

 もう1つの不安は道悪競馬に対応できるかどうか。これまでの7戦はすべて良馬場だったが、天気予報によると福島は今週末もぐずつきそうだ。速い上がりを使える馬なので荒れ馬場は得意ではないように思える。とはいえ、先週のラジオNIKKEI賞(G3、芝1800メートル)を制したブレイキングドーンが早目に動いて、馬場のいい外目を差し切ったように、展開と位置取りがポイントになりそうだ。また、フットワークは大きくないので意外と道悪巧者の可能性もある。

 ロシュフォールが気性、直線の短い小回りコース、道悪競馬などの課題を克服して七夕賞を優勝できれば、秋に向けて大きな新星が誕生することになる。

JRA「新大器」ロシュフォールの試金石!七夕賞でスターダムの足がかり?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由