NEW

JRA「ウオッカ産の星」タニノフランケル「道悪良績」重賞初制覇へ……人気する理由

【この記事のキーワード】, ,

JRA「ウオッカ産の星」タニノフランケル「道悪良績」重賞初制覇へ……人気する理由の画像1

 

 7月7日、福島競馬場で行われる七夕賞(G3、芝2000メートル)に超良血馬タニノフランケル(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)が出走する。重賞初制覇を飾れるのかどうか探ってみよう。

 タニノフランケルの父は14戦無敗(GIレースは10勝)のフランケル、母は日本ダービー(G1、芝2400メートル)などG1を6勝した名牝ウオッカ。タニノフランケルはデビュー前から16冠ベイビーなどと呼ばれ将来を嘱望されていた。しかし、競馬において名馬と名馬の組み合わせから名馬が生まれる保証は何もない。2歳の夏にデビューし、すでに4歳になったが今のところ15戦4勝のオープン馬であり、重賞は未勝利だ。

 今年初戦の中山金杯(G3、芝2000メートル)で逃げて3着に好走すると、続く小倉大賞典(G3、芝1800メートル)では2番手からの競馬で2着となり、今年の飛躍が期待された。しかし、G1馬が多数参加した金鯱賞(G2、芝2000メートル)では力不足を露呈して10着に惨敗。前走の鳴尾記念(G3、芝2000メートル)では9頭立ての8着に敗れている。やはり一流馬にはなれそうもない。

 しかも、七夕賞ではかなり人気になりそうだ。馬券ファンとしては能力不足でありながら人気になってくれる良血お坊ちゃまなど真っ先に切るのが正解だろう。一方、ウオッカの活躍を目の当たりにした競馬ファンはタニノフランケルに頑張ってほしいという心情も捨て切れない。

JRA「ウオッカ産の星」タニノフランケル「道悪良績」重賞初制覇へ……人気する理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  3. JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?
  4. JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ
  5. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  6. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  7. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  10. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ