NEW

ホールを鉄火場にしたパチンコ「最強スペック」復活? 浮上した“激アツ”話が話題!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホールを鉄火場にしたパチンコ「最強スペック」復活? 浮上した激アツ話が話題!!の画像1

 

 パチンコファンを虜にした“名機”の復活が目立つ昨今。

 昨年は、約5年ぶりに登場したパチンコ『冬のソナタ』(京楽産業.)の活躍が大きく注目されることになった。

 根強いファンを獲得していたシリーズということもあり、導入から高い稼働を実現。人気のバロメーターでもある中古機価格で1位になるなど、快進撃を見せたと言えるだろう。

 2019年も「往年の名機」が復活を果たしている。

 4月には多彩な演出が主流の時代に、あえて立ち向かって人気を博したパチンコ『平家物語』(豊丸産業)が再臨した。

「SPリーチの真価を問い直す!」と宣言した『P平家物語RELOADED』。発展するだけでアツくなれる“極限”まで研ぎ澄ましたリーチ演出が特徴だ。演出×サウンドの圧倒的融合など、初代DNAを継承した仕上がりと言えるだろう。

 名物メーカー西陣の『P V王』も話題になった1台。XAスペックが「約87%」という高い継続率を実現したこともあり、導入前より大きく取り上げられることになった。

 しかしながら、最も注目したいのは演出面だ。『おジョーズランド』『もちあげ隊』『カッパブギ』『火の玉ボーイ』『メガホールド』といった同社の「レジェンド」14機種が大集結。懐かしの熱いバトルを堪能できる仕様に、大きな反響が寄せられた。

 他メーカーの「名機」復刻も囁かれている状況。その動向に注目は高まるが……。

 ここへきて熱い視線を浴びているのは、爆発的な出玉で“空前のブーム”を巻き起こした「アノ名機」だ。一部関係者の間で復活が予想されており、大きな話題になっている。

ホールを鉄火場にしたパチンコ「最強スペック」復活? 浮上した“激アツ”話が話題!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!