NEW

【函館記念(G3)展望】JRA「復活」エアスピネル再始動! 毎年荒れ模様のハンデ戦!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

の画像1

 

 7月14日、荒れるハンデ戦、函館記念(G3、芝2000メートル)が行われる。今年も波乱の結果となるのだろうか。レースを展望する。

 エアスピネル(牡6歳、栗東・笹田和秀厩舎)が昨秋のマイルCS(G1、芝1600メートル)以来8カ月ぶりにターフに帰ってくる。3歳クラシック戦線ではタイトルに手が届かなかったものの日本ダービー馬マカヒキ、菊花賞馬サトノダイヤモンドたちとしのぎを削った。重賞は3勝を上げ、一昨年のマイルCSではペルシアンナイトとハナ差の接戦を演じた実力馬。文句なしの優勝候補だ。

 ただし、マイル戦の【4・3・2・3】という実績に比べ2000メートル戦は【0・0・1・2】と心もとない。しかし、これは血統的に距離が長いという問題ではなく気性的な問題だろう。実際、全弟のエアウィンザーは2000メートル戦で4勝している。すでに6歳となり気性的にも落ち着いてきたはず。2000メートル戦は克服できると見る。

の画像2

 

 昨年の京都新聞杯(G2、芝2200メートル)の覇者がステイフーリッシュ(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)。今年の成績はG1の大阪杯(G1、芝2000メートル)こそ13着だったが中山金杯(G3、芝2000メートル)で2着、京都記念(G2、芝2200メートル)で2着、鳴尾記念(G3、芝2000メートル)で3着と実に堅実。初めての洋芝競馬でステイゴールド産駒らしいパワフルな走りに期待しよう。

【函館記念(G3)展望】JRA「復活」エアスピネル再始動! 毎年荒れ模様のハンデ戦!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!