NEW

武豊ワールドプレミア「打倒サートゥルナーリア」神戸新聞杯(G2)で激突! 春の鬱憤晴らす走りは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武豊ワールドプレミア「打倒サートゥルナーリア」神戸新聞杯(G2)で激突! 春の鬱憤晴らす走りはの画像1

 

 故障で春のクラシックを棒に振ったワールドプレミア(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が、9月22日に開催予定の神戸新聞杯(G2、2400メートル)へ向かうと「スポニチ」が報じている。

 2012年の日本ダービー1番人気ワールドエース(4着)の全弟として、デビュー前から期待をかけられていたワールドプレミア。

 武豊騎手とともに昨年10月の新馬戦を差し切り勝ちすると、重賞初挑戦となった京都2歳S(G3、芝2000メートル)で3着と好走。翌年はつばき賞(500万下、芝1800メートル)から始動して快勝。続く若葉S(L)でも2着と順調にキャリアを重ねていた。

 その後、陣営は青葉賞(G2、芝2400メートル)から日本ダービー(G1、芝2400メートル)へ向かうローテーションを組んでいた。だが、前哨戦を前にソエを発症。友道調教師はダービー出走を断念し、「休ませて菊花賞を目指したい」と今後の目標を語っていた。

「ワールドプレミアは若干エンジンのかかりが遅く、若葉Sでは最後の直線で脚を伸ばすも前を行くヴェロックスを捉えることができませんでした。武豊騎手も前走後は『思っていたように3コーナーからズブくなりました』と語っています。

 これがどれだけ改善されているかがキーになるでしょうね。復帰戦となる神戸新聞杯の舞台である阪神芝2400メートルはスローで進み、瞬発力が勝負を左右することも多いコースです。また菊花賞も昨年はスタミナを必要する展開ではなく、最後の直線で”ヨーイドン”の瞬発力勝負でしたから」(競馬誌ライター)

武豊ワールドプレミア「打倒サートゥルナーリア」神戸新聞杯(G2)で激突! 春の鬱憤晴らす走りはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!