NEW

パチスロ6号機でも『ルパン三世』旋風!? 囁かれる「新情報」が話題!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ6号機でも『ルパン三世』旋風!? 囁かれる「新情報」が話題!!の画像1

 

 ついに降臨したパチンコ界の帝王『牙狼』シリーズ最新作。サンセイR&Dの『P牙狼冴島鋼牙』が絶賛稼働中だ。

 ST継続率80%で出玉は「全て1500発」と強力。出玉期待値は平均5連(約7500発)と、新規則で“最高峰”の性能を実現した。透過液晶「ギガゴーストビジョン」による斬新な演出表現に対する反響も上々だ。

 出玉速度に対するネガティブな意見も出ているが、全体的には好意的な意見が目立つ。まずまずのスタートを切ったと言ってもいいだろう。さすがは業界を代表するビッグコンテンツといった印象だ。

 今後もパチンコ分野における「主役級」の大物たちがスタンバイ。9月には大手サミーの看板機種『北斗の拳』シリーズが降臨する。

 最新作『P北斗の拳8覇王FQA』は、ミドルスペックの確変ループタイプで大当りは「最大1500個(10R)」と新規則の最大出玉を搭載した。小当り×確変「究極神拳RUSH」の継続期待度は約61%。『北斗』らしい“一撃”も十分に期待できるだろう。

 一部では「なぜ1度コケた小当りRUSH機?」「スペックが激辛では?」といったマイナスな意見も出ているが、やはり業界のエースへ期待する人間は多い。導入後の反響に注目したい。

 話題性の大きさでは、平和のヒットシリーズ『ルパン三世』も負けてはいない。

 新機種『Pルパン三世~神々への予告状~』は、6段階設定を搭載したライトミドルタイプ。最大「約92.4%」という高継続率を実現したST機だ。大当り出玉は2R(240発)~10R(1,200発)の5パターンに分類。一撃よりも連チャンに重きを置いたスペックだ。

 新たに作り込まれたオリジナルエピソード演出も見逃せないポイント。パチンコ人気を支える一角である『ルパン三世』が、新時代でどのような活躍を見せるかに注目したいが……。

パチスロ6号機でも『ルパン三世』旋風!? 囁かれる「新情報」が話題!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!