NEW

JRA「勝てない……」エアスピネルここは楽勝必須! 函館記念(G3)で「課題」と「一族の呪縛」断ち切る?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA「勝てない……」エアスピネルここは楽勝必須! 函館記念(G3)で「課題」と「一族の呪縛」断ち切る?の画像1

 

 7月14日、荒れるハンデ戦として名高い函館記念(G3、芝2000メートル)が行われる。断然の実績を持ち1番人気が予想されるエアスピネル(牡6歳、栗東・笹田和秀厩舎)について検討する。

 エアスピネルの重賞勝ちは2歳時のデイリー杯2歳S(G2、芝1600メートル)、4歳時の京都金杯(G3、芝1600メートル)と富士S(G3、芝1600メートル)の3つ。また、2015年の朝日杯FS(G1、芝1600メートル)で2着、2017年のマイルCS(G1、芝1600メートル)で2着というG1実績もある。今回の函館記念に登録しているメンバーではダントツの戦歴を誇る一流馬だ。

 3歳クラシック戦線では日本ダービー馬マカヒキや菊花賞馬サトノダイヤモンドたちと差のない競馬をして皐月賞(G1、芝2000メートル)で4着、日本ダービー(G1、芝2400メートル)で4着、菊花賞(G1、芝3000メートル)で3着という結果を残した馬。ここは貫禄にものを言わせて楽勝しても当然だ。

 しかし、だからといって単勝1倍台の圧倒的支持は集めそうもない。誰もがエアスピネルの勝負弱さを知っているからだ。

 3歳クラシックが終わり4歳になると、陣営は春の大目標をマイルの安田記念(G1、芝1600メートル)に置く。3歳時からベスト距離はマイルという指摘も多かったので、納得の路線設定だった。実際、4歳初戦の京都金杯を勝利するとマイル王の最有力候補として大きく期待される。

JRA「勝てない……」エアスピネルここは楽勝必須! 函館記念(G3)で「課題」と「一族の呪縛」断ち切る?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!