NEW

JRA「G3なら…」ステイフーリッシュ函館記念は好走必至?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA「G3なら…」ステイフーリッシュ函館記念は好走必至?の画像1

 14日、函館記念(G3、芝2000メートル)が開催される。有力馬の1頭、ステイフーリッシュ(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)について検討する。

 ステイフーリッシュは昨年の京都新聞杯(G2、芝2200メートル)を優勝し、日本ダービー(G1、芝2400メートル)に間に合ったが、3歳クラシック戦線では結果を残せなかった。4歳となった今年、勝ててはいないものの重賞戦線での好走が目立つ。そろそろ2つ目の重賞を手にしたいところ。京都新聞杯以降のG2、G3戦での戦績は次のようになっている(最後のカッコ内は優勝馬)。

2018年9月 神戸新聞杯(G2、芝2400メートル) 5着(ワグネリアン)
2018年12月 チャレンジC(G3、芝2000メートル) 3着(エアウィンザー)
2019年1月 中山金杯(G3、芝2000メートル) 2着(ウインブライト)
2019年2月 京都記念(G2、芝2200メートル) 2着(ダンビュライト)
2019年6月 鳴尾記念(G3、芝2000メートル) 3着(メールドグラース)

 昨年暮れのチャレンジC以降はすべて馬券圏内に好走している。一方、G1レースの成績は次のとおり。

2018年5月 日本ダービー(G1、芝2400メートル) 10着(ワグネリアン)
2018年10月 菊花賞(G1、芝3000メートル) 11着(フィエールマン)
2019年3月 大阪杯(G1、芝2000メートル) 13着(アルアイン)

 一目瞭然、G1レースではまったく勝負になっていない。とはいえ函館記念はG3。ここなら好走必至ということになる。

「普通に考えれば函館記念のステイフーリッシュは格好の連軸と言えます。ただし、G2、G3戦で勝ち切れないようにアタマで買うのは危険です。これはファンのみなさんがよくご存知でしょう。

 ところが函館記念では2番人気あるいは3番人気くらいに支持されそうです。つまりステイフーリッシュを連軸にした場合、おいしい配当は望めないということ。ならば、ステイフーリッシュが消える可能性を考えたほうが面白いのではないでしょうか。ましてや函館記念はこの10年で1番人気が9回、2番人気が8回、3番人気が7回着飛んでいる波乱レースですからね。

JRA「G3なら…」ステイフーリッシュ函館記念は好走必至?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!