NEW

パチスロ「新感覚AT」が間もなく!かねてより話題の「超ビッグタイトル」へ迫る!!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「新感覚AT」が間もなく!かねてより話題の「超ビッグタイトル」へ迫る!!の画像1
サミーHP より

 2011年に放映された原作アニメは、その後、小説、ドラマ、ゲームなどに発展した、いわゆるメディアミックス作品。抜群の知名度を誇るだけにかねてより多方面から注目を集めていたわけだが、そんなビッグタイトルとのコラボパチスロが、8月吉日、ついに待望のホールデビューを果たす。

サミーが作り出した最新鋭機の名は、『パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』。状況に応じて純増枚数が変化する「新感覚AT」機だ。


 AT「フラワーズメモリー」突入へのカギを握るのは液晶左の「なかよしメーター」で、通常時はリプレイやチャンス役成立でキャラ獲得。概ね70Gに1回は全6キャラが集合し、その際はCZやAT直撃抽選が行われる(AT直撃は稀)。突入時の当選期待度は約30%で、初回や3の倍数周期時はチャンスアップ。フレーム色でも期待度が示唆され、赤への変化は大チャンス到来だ。


 CZ「めんまチャンス」は期待度約40%で、最終的にリーチ図柄の3つ揃いでAT確定。この間と後述する上乗せCZ中は本機の売りのひとつである「セグリングシステム」が採用され、前半パートで獲得した「リーチ図柄」と、後半パートでの「成立ベルの押し順」がリンクすれば成功となる。完全自力抽選なので、一打入魂しよう。


 ATは複数のパートで構成され、まずは21Gのプロローグエピソードがスタート。その後は1セット20G、セット継続タイプの「メインパート」へと移行し、継続中は30Gのエピソード、上乗せCZ「かくれんぼチャンス」、ボーナス、特化ゾーン「(超)夏祭り」などへ突入させることで出玉を激増させる流れだ。

 また、AT終了時の一部で突入する「ごめんまボーナス」は、ラウンド継続型のプレミアムボーナス。ベルナビ6回の1ラウンドが平均20R継続(最大40R)し、平均1000枚以上の出玉が見込める。

パチスロ「新感覚AT」が間もなく!かねてより話題の「超ビッグタイトル」へ迫る!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!