NEW

JRA新馬「4億円の姉」と武豊×サトノ登場! 未来を担う今週のデビュー馬を大検討!

 先週は、オルフェーヴル産駒のオーソリティが単勝1.3倍の圧倒的人気に応える形で勝利。だが、2着のブラックホールとはクビ差。少し展開が違えば、着順が逆になることも考えられただけに、応援していた人は肝を冷やしたことだろう。

 さて、今週は人気を集める素質馬が順当に勝ち上がるのか。それとも波乱が待ち受けているのか。今回も、今週末にデビューを飾る素質馬たちを紹介していこう。

JRA新馬「4億円の姉」と武豊×サトノ登場! 未来を担う今週のデビュー馬を大検討!の画像1

7月13日(土) 中京競馬場 第5R 2歳新馬(芝1600メートル)

 デビュー戦を前に注目度が急上昇したギルデッドミラー(牝2歳、栗東・松永幹夫厩舎)。

 父オルフェーヴル、母タイタンクイーン、母父はBCクラシック(G1)を史上初めて連覇したティズナウ。半兄には昨年の鳴尾記念(G3)を勝ったストロングタイタン、現在4連勝中のミラアイトーン。半姉も2頭いて、そのどちらも米重賞勝ち馬だ。

 もとより評価は高かったのだが、今年のセレクトセールでは、近藤利一氏が同馬の半妹である「タイタンクイーンの2019(牡、父ディープインパクト)」を4億7000万円という高額で落札。そのため、これまで以上に姉であるギルデッドミラーへも熱視線が送られることになった。

 ギルデッドミラーは2週前に、先週の新馬戦を勝ったヤマニンエルモサと併せ馬。一杯に追われた僚馬を尻目に、ギルデッドミラーは持ったままで坂路54秒1、12秒6のタイムを出し先着。素質の高さを見せつけている。

 鞍上は川田将雅騎手を予定。掛けられた期待に応えることができるだろうか?

 ここでライバルとして名が挙がるのはヴィクターバローズ(牡2歳、美浦・堀宣行厩舎)か。

 父ロードカナロア、母モスカートローザ、母父ディープインパクトという血統を持つ。

 デビュー前はPコースで5F66秒6、ラスト11秒9を記録する軽やかな走りを披露。堀調教師も「古馬と併せても遜色ない」と素質に太鼓判を押しているようだ。鞍上はM.デムーロ騎手を予定。

JRA新馬「4億円の姉」と武豊×サトノ登場! 未来を担う今週のデビュー馬を大検討!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  3. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  4. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突