NEW

JRA「武豊+チーム・ゴールドシップ」で産駒初勝利!「噛みつき癖」わがまま過ぎる大物サトノゴールドに鞍上「いかにもゴールドシップ」

【この記事のキーワード】, , ,
JRA「武豊+チーム・ゴールドシップ」で産駒初勝利!「噛みつき癖」わがまま過ぎる大物サトノゴールドに鞍上「いかにもゴールドシップ」の画像1
ゴールドシップ JBISサーチより

 初勝利は、やはりこの馬だった。

 14日に函館競馬場で行われた新馬戦は1番人気のサトノゴールド(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)が快勝。グランプリ連覇などG1・6勝をした新種牡馬ゴールドシップにとって、嬉しいJRA初勝利となった。

 芦毛の黄金船の産駒初勝利は「2世」が飾った。父ゴールドシップを管理した須貝尚介調教師が「全部そろっていたでしょう?」と話した通り、調教師だけでなく、担当も父と同じ厩務員。デビューも父と同じ函館の芝1800mを狙い撃ちしての出走だった。

 7頭立てで行われたレースで、まずまずのスタートだったサトノゴールドはすんなり2番手に。道中で2番人気のプントファイヤーが早めの進出で並び掛けてきたが引っ掛かることもなく、終始落ち着いて走れていた。

 迎えた最後の直線で叩き合いとなったが、最後は手応えの差で突き放してデビュー戦を完勝した。

「勝ちはしましたが、まだまだ幼い感じですね。ある意味ゴールドシップらしい、わがままな面が目立ちました。うるさいところはないですが、まだレースに集中できていない感じ。1000m通過が66.6秒の新馬戦らしい超スローでしたが、それでも鞍上の武豊騎手が何度も促していましたから。

武豊騎手もレース後『気性が幼くて、走る方に集中していなくて……最後の1ハロンだけですかね、真面目に走ったのは』とコメント。ただその分、スケールは感じます。真面目に走るようになれば、来年のクラシックでも面白い存在になるかもしれません」(競馬記者)

JRA「武豊+チーム・ゴールドシップ」で産駒初勝利!「噛みつき癖」わがまま過ぎる大物サトノゴールドに鞍上「いかにもゴールドシップ」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか