NEW

JRA「武豊+チーム・ゴールドシップ」で産駒初勝利!「噛みつき癖」わがまま過ぎる大物サトノゴールドに鞍上「いかにもゴールドシップ」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「武豊+チーム・ゴールドシップ」で産駒初勝利!「噛みつき癖」わがまま過ぎる大物サトノゴールドに鞍上「いかにもゴールドシップ」の画像1
ゴールドシップ JBISサーチより

 初勝利は、やはりこの馬だった。

 14日に函館競馬場で行われた新馬戦は1番人気のサトノゴールド(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)が快勝。グランプリ連覇などG1・6勝をした新種牡馬ゴールドシップにとって、嬉しいJRA初勝利となった。

 芦毛の黄金船の産駒初勝利は「2世」が飾った。父ゴールドシップを管理した須貝尚介調教師が「全部そろっていたでしょう?」と話した通り、調教師だけでなく、担当も父と同じ厩務員。デビューも父と同じ函館の芝1800mを狙い撃ちしての出走だった。

 7頭立てで行われたレースで、まずまずのスタートだったサトノゴールドはすんなり2番手に。道中で2番人気のプントファイヤーが早めの進出で並び掛けてきたが引っ掛かることもなく、終始落ち着いて走れていた。

 迎えた最後の直線で叩き合いとなったが、最後は手応えの差で突き放してデビュー戦を完勝した。

「勝ちはしましたが、まだまだ幼い感じですね。ある意味ゴールドシップらしい、わがままな面が目立ちました。うるさいところはないですが、まだレースに集中できていない感じ。1000m通過が66.6秒の新馬戦らしい超スローでしたが、それでも鞍上の武豊騎手が何度も促していましたから。

武豊騎手もレース後『気性が幼くて、走る方に集中していなくて……最後の1ハロンだけですかね、真面目に走ったのは』とコメント。ただその分、スケールは感じます。真面目に走るようになれば、来年のクラシックでも面白い存在になるかもしれません」(競馬記者)

JRA「武豊+チーム・ゴールドシップ」で産駒初勝利!「噛みつき癖」わがまま過ぎる大物サトノゴールドに鞍上「いかにもゴールドシップ」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!