NEW

JRA・M.デムーロ「大器」エスポワール4馬身差圧勝に複雑!? 「3歳G1戦線に大きな1勝」も女王ラヴズオンリーユーのライバル出現に……

「重馬場が上手いということもありますが、今日は完勝でしたね。古馬相手の牡馬混合戦、それも2000mでこの内容なら、クラシック戦線に交じっても新勢力といえる存在だと思います。

もともとデビュー戦でワールドプレミアやメイショウテンゲン、タガノディアマンテといった牡馬クラシック組と好勝負を演じた馬。今回の勝利で軌道に乗ったでしょうし、次は秋華賞にぶっつけか、トライアルになるでしょう。秋が楽しみになってきましたね」(競馬記者)

 ただ、課題もあるようだ。

 レース後、デムーロ騎手が『netkeiba.com』で連載中の『ミルコの最速レース回顧』を更新。エスポワールの勝利についても「この後の3歳G1戦線に向けて大きな1勝になったと思う」と小さくはない手応えを感じている。

 しかし、その一方で「前回(阪神)は少し、内にもたれる所があったから、左回りもプラスだったと思う」と、左回りが勝因の1つだったことも指摘。京都で行われる秋華賞は右回りだけに、ここは課題になりそうだ。

「あと、ここからのエスポワールは『鞍上』の問題もありますね。ここまでの3勝はすべてデムーロ騎手によるものですが、本騎手には無敗のオークス馬ラヴズオンリーユーがいますから。次走は未定ながら、秋華賞挑戦が濃厚でしょうし、仮にラヴズオンリーユーが出てくるならデムーロ騎手はそちらを選択するでしょう。

角居厩舎の有望株だけに有力騎手が配されると思いますが、右回りに課題があるのなら、できれば試走の意味でのトライアルを使いたいところ。ただ、身体に弱いところのある馬なので、おそらくはぶっつけになる気がしています」(別の記者)

「僕にとっても大きな1勝になった」

 そうエスポワールの快勝劇を喜んだデムーロ騎手だが、迎え撃つ女王ラヴズオンリーユーにとっても強力なライバルが出現した分、胸中には複雑なものがあるに違いない。

JRA・M.デムーロ「大器」エスポワール4馬身差圧勝に複雑!? 「3歳G1戦線に大きな1勝」も女王ラヴズオンリーユーのライバル出現に……のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!