NEW

【中京記念(G3)展望】JRA・G1好走プリモシーン大チャンス! 伏兵も陣多士済々

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【中京記念(G3)展望】JRA・G1好走プリモシーン大チャンス! 伏兵人も多士済々の画像1

 

 夏の中京開催は今週でラストとなる。21日に行われるサマーマイルシリーズ第1弾、中京記念(G3、芝1600メートル)を展望しよう。

 夏競馬に絶対的本命馬は存在しないのかもしれないが、それでも不動の中心と言いたくなるのがプリモシーン(牝4歳、美浦・木村哲也厩舎)。前走のヴィクトリアM(G1、芝1600メートル)は勝ったノームコアとクビ差の2着だったが、道中の位置取り、追い出しのタイミング1つで勝っていただろう。

 右回りコースではときに凡走することもあるが、左回りに限った戦績は【2・1・0・1】。唯一の着外は昨年のNHKマイルC(G1、芝1600メートル)の5着。レース間隔をたっぷり取る同馬にとって異例の1カ月というローテーションは不向きだったろう。その後は新潟の関屋記念(G3、芝1600メートル)でフェアリーS(G3、芝1600メートル)に次ぎ2つ目の重賞を制覇した。

 府中のゆったりしたワンターン競馬は得意だが、左回りであっても中京の小回りは苦手という馬はいる。プリモシーンは府中よりコーナーのきつい新潟をこなしているので、直線の長い中京はなんの問題もないだろう。中山でも好走しているように坂にもへこたれない。ハンデの55.5キロは恵まれたと見るべきだ。

 打倒プリモシーンを期待できるのは軽量3歳馬。カテドラル(牡3歳、栗東・池添学厩舎)は前走のNHKマイルCで3着に好走した。1800メートルや2000メートルの重賞で惨敗していたが、マイルのアーリントンC(G3、芝1600メートル)に出走するや2着に好走。現状ではマイル戦がベストだ。ハンデ53キロを活かせばプリモシーンを差し切るシーンまでありそうだ。

【中京記念(G3)展望】JRA・G1好走プリモシーン大チャンス! 伏兵も陣多士済々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!