NEW

武豊「満を持して世界と勝負」! 今年は「武豊枠」なしであの「世界戦」に参戦確実?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武豊「満を持して世界と勝負」! 今年は「武豊枠」なしであの「世界戦」に参戦確実?の画像1

 15日、盛岡競馬場で行われたマーキュリーカップ(G3、ダート2000メートル)は、武豊騎手騎乗のグリム(牡4歳、栗東・野中賢二厩舎)が勝利。単勝1.3倍の圧倒的支持に見事に応えた。

 グリムは3、4番手で運ばれると、最後の直線で逃げる馬を交わして先頭へ。そのまま後続を突き放すと、2着に2馬身差をつける快勝を飾った。

 武豊騎手はレース後、「出来れば逃げる形は取りたくないなと思っていた。でも内で包まれるのも避けたいなと思っていて、ああいう形を狙っていました」と語り、「4コーナーはそれほど手応え良くなかったんですけど、直線に向いた時に馬がもう一度ファイト出してくれて、外からも1頭きたら更に頑張ってくれたので、なんとかなるかなと思いました」とレースを振り返った。

「グリムはこれで重賞4勝目。重賞勝利はいずれもG3でG2以上では勝てていませんが、力があることは証明しているので、上のクラスでの勝利も時間の問題のはず。

武豊騎手にはダート路線のお手馬として、フェブラリーS(G1)を勝ったインティ、ドバイのゴールデンシャヒーン(G1)2着のマテラスカイがいます。ですがインティはマイラーで、マテラスカイはスプリント系です。グリムは2000メートル以上も問題なく走れるタイプなので、お手馬がバッティングする可能性も低いです。このコンビが継続すれば、秋以降のダートもさらに面白くなるでしょうね」(競馬誌ライター)

 マーキュリーカップを勝利するなど好調な武豊騎手は、現時点で63勝。全国リーディングで4位、関西でも3位にランクインしており、札幌競馬場で開催される『2019ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)』への参戦も確実視されている。

武豊「満を持して世界と勝負」! 今年は「武豊枠」なしであの「世界戦」に参戦確実?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!