NEW

JRA「危険な人気馬」カテドラル? 中京記念(G3)で「脚質転換」は続く?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA「危険な人気馬」カテドラル? 中京記念(G3)で「脚質転換」は続く?の画像1

 

 21日に開催される中京記念(G3、芝1600メートル)に3歳馬カテドラル(牡3歳、栗東・池添学厩舎)が参戦する。好走の可能性を探ってみよう。

 カテドラルは前走のNHKマイルC(G1、芝1600メートル)で3着に善戦した。後方からレースを進め、朝日杯FS(G1、芝1600メートル)の覇者アドマイヤマーズに食い下がる2着になったと思えた瞬間、大外から追い込んできたケイデンスコールにハナ差交わされてしまった。とはいえ、前々走のアーリントンC(G3、芝1600メートル)の2着に続く好走で、3歳マイル戦線の有力馬の1頭になった。

 ただし、カテドラルはマイル路線でキャリアを重ねてきた馬ではない。デビューは2000メートルの新馬戦。2、3番手を進み、直線で早目に先頭に立つと後続に2馬身以上の差をつけて優勝した。2戦目の野路菊S(オープン、芝1800メートル)では逃げ切って2連勝を飾り、圧倒的1番人気だったヴェロックスを破った。

 こうなれば翌年(今年)の3歳クラシック戦線を目指すしかない。ところが東スポ杯2歳S(G3、芝1800メートル)では11着に大敗してしまう。今年初戦の2000メートル戦、京成杯((G3)も11着だった。

 陣営は距離短縮を選択し、前々走のアーリントンCで初めてのマイル戦に挑戦。出遅れてしまいそれまでの逃げ・先行とは一変した追い込み競馬となったが、逃げ切ったイベリスにクビ差まで迫った。A.シュタルケ騎手はレース後「出遅れましたが、それでかえって道中は馬混みに入らず、自分のリズムで走れました」とコメントしている。

 こうしてカテドラルは2つの意味でイメチェンした。中距離指向からマイル路線への転換に成功し、逃げ・先行馬から追い込み馬に脱皮したのだ。アーリントンCでの上がり3Fは最速の33秒3、NHKマイルCの上がり3F最速は2着のケイデンスコールだったがカテドラルはそれに次ぐ33秒7だった。

JRA「危険な人気馬」カテドラル? 中京記念(G3)で「脚質転換」は続く?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事