NEW

パチスロ衝撃の「激甘」マシン間もなく!大都技研が「6号機市場」を完全制覇へ!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大都技研が世に送り出したパチスロ『3×3EYES~聖魔覚醒~』。その設定Cはビタ押し必須の技術介入要素を組み込んだチャレンジボーナス(CB)出現率を破格の数値に設計し、フル攻略ならば確実に勝てるとの触れ込みで目押し自慢を殺到させた。

 そんな設定Cを搭載した同社グループ・サボハニのニュータイトルが8月5日、導入開始予定。『バンバンクロス』が、パチスロ上級者たちの間で早くも話題沸騰中だ。

パチスロ衝撃の「激甘」マシン間もなく!大都技研が「6号機市場」を完全制覇へ!?の画像1
大都技研HP より

 本機はビッグとCB、2種類のボーナスで出玉を増やすシンプルな仕様。どちらも技術介入要素があり、ビッグは1度だけ逆押し→左リール上段赤7ビタ押しで枚数調整をしたのち、予告音発生時は逆押しで上段赤7→BARを目押しして左リール上段にBARをビタ押せば最大259枚のコインを獲得できる。

 一方、最大純増112枚のCBはビッグよりも技術介入要素が格段に高く、特殊15枚役成立時は順ハサミ打ちでバンバン絵柄をクロス狙い。左&右リールのクロステンパイは4コマ引き込むが、中リ―ルのみビタ押しが要求される。バンバン絵柄のビタ押しポイントは3箇所あり、どこを狙ってもOKだ。

 もちろん、通常時は小役の取りこぼし防止に努める必要があり、基本的に左リールはチェリーをフォローできる箇所を狙えば問題なし。通常時の演出はノーマル・小役告知・チャンス役告知の3種類から選択でき、それぞれ固有の演出が発生する。

 気になる設定は、「3×3EYES~聖魔覚醒~」とは異なる4段階。設定1・設定C・設定5に加えて、設定Cを上回る「設定C+」が用意されており、フル攻略でのその機械割は設定Cの「105.8%」を優に超える「111.8%」となる。

パチスロ衝撃の「激甘」マシン間もなく!大都技研が「6号機市場」を完全制覇へ!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事