NEW

JRA函館2歳Sは「馬単4点」でイケル!? 関係者情報のキーワードは「パワー」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA函館2歳Sは「馬単4点」でイケル!? 関係者情報のキーワードは「パワー」の画像1

 

 21日、函館2歳S(G3、芝1200メートル)が行われる。現場から上がってきたフレッシュな情報を元にレースを予想する。

「◎」はタイセイビジョン(牡2歳、栗東・西村真幸厩舎)。6月2日、阪神競馬場の新馬戦(芝1400メートル)で2着馬に2馬身半差をつけて快勝した。道中は中団につけ、4角手前からまくって早目に先頭に立ったレース振りは特筆に値する。新馬戦を逃げ、先行で勝ち上がった馬たちは、レースレベルの高くなる重賞では苦戦を強いられることが多いからだ。情報に耳を傾けてみよう。

「『パワータイプなので時計のかかる函館の洋芝も問題ないでしょう。後は多頭数の競馬にうまく対応できればいいですね』と調教助手は小回りのフルゲートで馬群の捌きが鍵となると語っていました」(競馬関係者)

 馬群を捌けるかどうかを問題にするのは、ある意味でぜいたくな心配だ。それだけ能力と仕上げに自信を持っているということだ。馬のレースセンスとC.ルメール騎手の手綱捌きを信頼する。

「○」はビアンフェ(牡2歳、栗東・中竹和也厩舎)。新馬戦(芝1200メートル)は出遅れたものの4番手からの競馬で内から抜け出したが、外から差してきた馬の出し抜けを食らってしまった。2戦目の未勝利戦(芝1200メートル)はスピードの違いで逃げ切っている。どんな競馬でもできそうなのが強み。陣営はかなり自信を持っている。

「『初戦は出遅れて前半の位置取りの差が出てしまいましたが、2戦目はきっちりゲートもクリアしてくれました。走破時計は詰めたし、まだ上積みは見込めます。重賞でも差はありませんよ』と調教助手は強気です」(競馬関係者)

 姉は函館2歳Sの覇者ブランボヌールであり、日本ダービー馬である新種牡馬キズナと母父サクラバクシンオーの組み合わせも興味深い。

「▲」にスマートカーリー(牝2歳、栗東・須貝尚介厩舎)を挙げる。父はキズナと同世代の新種牡馬エピファネイア。新馬戦(芝1200メートル)ではスタート後、しばらくメイショウチタンと逃げ争いを演じたが、徐々に差を開いていき、ゴールでは後続の追撃をしのいだ。並ばれても動じないしぶとさが魅力。

JRA函館2歳Sは「馬単4点」でイケル!? 関係者情報のキーワードは「パワー」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!