NEW

【アイビスサマーダッシュ(G3)展望】JRA・新潟名物の“千直”重賞! 超新星ライオンボスが古豪たちをねじ伏せる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週から新潟開催が始まる。夏の競馬風物詩としてすっかり定着した千直重賞、アイビスサマーダッシュ(G3、芝1000メートル)を展望する。

 今年の5月、新潟千直の新星が誕生した。ライオンボス(牡4歳、美浦・和田正厩舎)が邁進特別(1000万下、芝1000メートル)で2着馬に5馬身差をつけて圧勝したのだ。続く格上挑戦、韋駄天S(オープン、芝1000メートル)でも53秒9という好時計で逃げ切った。カルストンライトオのレコード53秒7とわずか0.2秒差だった。アイビスSDで満を持して重賞初挑戦・初制覇に挑む。

 ライオンボスの邁進特別は16頭立ての15番人気、単勝オッズ98.1倍だった。それまでダート戦を中心に使われ、前走のダート戦(1000万下)で惨敗していたからだ。陣営が芝の千直競馬を選択したのは大正解だった。1週前追い切りに騎乗した鮫島克駿騎手は「この馬の良さは、スピードの持続力があるところです」とコメントしている。コーナーのない単調な競馬がぴったりなのだ。

 課題は別定重量の56キロ。邁進特別と韋駄天Sはともに53キロだったので一気の3キロ増になる。530キロ台の大型牡馬なので克服可能と見たい。3連勝でのスター誕生に期待しよう。

 昨年の覇者がダイメイプリンセス(牝6歳、栗東・森田直行厩舎)。昨年の勝ちタイムは53秒8と優秀で、単純なタイム比較ならライオンボスより速い。アイビスSDに続き北九州記念(G3、芝1200メートル)でも2着に好走したが、その後はいささか不振が続いている。しかし、新潟千直に限れば3戦3勝。得意の舞台で連覇も可能だろう。M.デムーロ騎手はオークス(G1)以来の重賞制覇を目指す。

【アイビスサマーダッシュ(G3)展望】JRA・新潟名物の“千直”重賞! 超新星ライオンボスが古豪たちをねじ伏せる!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!