NEW

JRA・珍名馬が新馬戦でまさかの圧勝! 6馬身差の勝利で知名度と人気はアップも「お前誰?」とは呼ばれ続ける宿命!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA・珍名馬が新馬戦でまさかの圧勝! 6馬身差の勝利で知名度と人気はアップも「お前誰?」とは呼ばれ続ける宿命!?の画像1

 一部の競馬ファンから「珍しい馬名」として注目を集めていたオヌシナニモノ(牡2歳、栗東・高橋義忠厩舎)が、21日(日)福島競馬場、第5R・2歳新馬(ダ1150メートル)に登場。見事に単勝1.8倍の圧倒的人気に応え、話題性だけではなく実力も兼ね備えていることを証明した。

 スタートから積極的に前に出たオヌシナニモノ。3コーナーから4コーナーにかけて進出し、最後の直線をトップで迎える。そして残り200メートル地点からラストスパート。後続を突き放し、2着に6馬身差をつけ、圧勝してみせた。

 レース後、鞍上を務めた内田博幸騎手は「馬が強すぎた。操縦性も問題ないし楽しみ」と絶賛。高橋調教師も「半信半疑だったが調教通り走ってくれて良かった」と驚きを隠さず、また今後はダートのレースがあまりないこともあり、「小倉2歳S(G3)など芝も含めて考えることになると思う」とプランを明かした。

「オヌシナニモノは最終追い切りで坂路を叩き一杯で4F50秒9、ラスト11秒9という猛時計を記録。関係者たちからも『もしかしたらやってくれるかも』と密かに期待されていたのですが、それに応えるかのような激走を見せてくれましたね。

 ダートで素晴らしい走りをしたオヌシナニモノですが、直前までは20日(土)の芝1400メートルの新馬戦に出走予定でした。ところが高橋調教師は硬さがあるため、この距離が長過ぎると判断。1150メートルと距離が短いダート戦に回った経緯があります。

 もともと芝でのデビューを予定していたので、そちらへの適性もあるはず。芝でも短距離中心となるでしょうが、そちらでも活躍する姿を見たいですね」(競馬記者)

JRA・珍名馬が新馬戦でまさかの圧勝! 6馬身差の勝利で知名度と人気はアップも「お前誰?」とは呼ばれ続ける宿命!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技