NEW

JRA・珍名馬が新馬戦でまさかの圧勝! 6馬身差の勝利で知名度と人気はアップも「お前誰?」とは呼ばれ続ける宿命!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 父カレンブラックヒルに産駒初勝利をプレゼントした孝行息子でもあるオヌシナニモノ。これからどのような走りを見せてくれるのか、楽しみにしている人も多いだろう。

「愛嬌のある馬名というだけで話題なのに、それが強いとあれば人気が出るのは当然ですよ。スプリント路線で活躍した珍馬名の馬といえば、2006年の高松宮記念(G1)を制したオレハマッテルゼを想起する人も多いのでは? 同馬のようにG1でも活躍できるかは不明ですが、小倉Sも視野に入っているようなので、重賞の舞台でオヌシナニモノの姿を見る日も近いでしょうね。ファンを沸かせてくれる走りを見せてほしいです」(競馬誌ライター)

 次走がどこになるのかは未定だが、デビュー戦の走りがフロックではないことを証明してもらいたい。オヌシナニモノの挑戦はまだまだ続く。

JRA・珍名馬が新馬戦でまさかの圧勝! 6馬身差の勝利で知名度と人気はアップも「お前誰?」とは呼ばれ続ける宿命!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!