NEW

JRA「ルメールを負かした新人」に関係者熱視線! 特筆すべき「差し」「追い込み」の技術

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA「ルメールを負かした新人」に関係者熱視線! 特筆すべき「差し」「追い込み」の技術の画像1

 デビュー前から「今年の新人は、乗れる」と、関係者の間でも評判になっていた7名の第35期生。その評価通り、斎藤新騎手は20勝をあげ、岩田康誠騎手の息子である岩田望来騎手も11勝をマークするなど活躍している。この両名がこの世代を引っ張っていくと思われていたが、ここ最近で彼ら以上の存在感を出してきた同世代の騎手がいる。それが団野大成騎手だ。

 団野騎手は3月、4月にそれぞれ1勝をあげるも5月は未勝利。だが、6月に3勝をあげると、7月もすでに3勝をあげて現在では計8勝。急に成績を上げ始めたが、それは北海道に腰を据えたことも大きいと関係者は語る。

「最初はどこか飄々としていて頼りなく、今時の子らしい感じだったんですが、北海道で揉まれてからは顔つきが変わってきましたね。いろんな先輩たちと話す中で、競馬に対して真摯に向き合いだした気がします。

 レースでは斤量差を活かした積極策も見受けられますが、彼の騎乗で関係者たちを唸らせるのは差し、追い込みの競馬。初勝利も差し切り勝ちでしたし、馬をリラックスさせて、馬込みを捌いたり、ぱっと外に出す技術は新人離れで、その点は『今年のルーキーではトップクラス』と語る人もいます。こんな騎乗ができる騎手は見習い期間が終わっても強いですよ」(競馬記者)

 勝ち星を積み重ね、関係者たちの評価も右肩上がりの団野騎手。またこの好成績は、あのノーザンファームグループから認められつつあることも大いに関係しているという。

JRA「ルメールを負かした新人」に関係者熱視線! 特筆すべき「差し」「追い込み」の技術のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!