NEW

JRA中継『ウイニング競馬』の原良馬氏死去。「イケメンぶり」や馬事文化賞でも話題に

【この記事のキーワード】, ,

JRA中継『ウイニング競馬』の原良馬氏死去。「イケメンぶり」や馬事文化賞でも話題にの画像1

 

『ウイニング競馬』(テレビ東京系)を中心に競馬評論家として活躍した原良馬氏が、病気のため死去したことがわかった。85歳だった。

 原氏は俳優座に6期生として入所しドラマなどに出演。その後スポーツ新聞の競馬記者などを経て、88年、フリーの競馬評論家に転身。『ウイニング競馬』を中心に競馬関係の仕事でファンに親しまれた。

 晩年は体調を崩し、『ウイニング競馬』を筆頭にメディア出演も少なくなっていた。今年1月には2018年度のJRA賞馬事文化賞功労賞を受賞。競馬メディアにおいての存在感は大きかった。

『ウイニング競馬』ではジャングルポケットの斉藤慎二やキャプテン渡辺と絶妙な掛け合いを見せ、番組の名物的存在に。それだけにファンからも「優しい笑顔が印象的でした」「復帰を待っていたのですが……」と悲しみのコメントが殺到している。

「原さんといえば、番組で『若い頃の写真』が披露され、元俳優らしいその“イケメンぶり”も話題に。武豊騎手が『若い頃相当悪さをしたんじゃないですか』とイジっていたのが印象的ですね。

『ウイニング競馬』で原さんが観られなくなるのは本当に残念です」(競馬ライター)

 心からご冥福をお祈りしたい。

JRA中継『ウイニング競馬』の原良馬氏死去。「イケメンぶり」や馬事文化賞でも話題にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  5. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  8. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?