NEW

JRA北村友一に「ブチ切れ!?」安田隆行調教師の「恐怖コメント」に戦慄

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA北村友一に「ブチ切れ!?」安田隆行調教師の「恐怖コメント」に戦慄の画像1

 先週の函館2歳S(G3、芝1200メートル)は4番人気のビアンフェが勝利。1番人気に支持された北村友一騎手が騎乗するレッドヴェイパー(牝2歳、栗東・安田隆行厩舎)は5着に終わっている。

 ビアンフェは抜群のダッシュ力でハナを奪うと、そのままレースの主導権を掌握。見事な逃げ切り勝ちで父キズナにうれしい産駒の重賞初制覇をプレゼントした。一方レッドヴェイパーは出遅れてしまい、その後もダッシュがつかず後方からの競馬。最後の直線では上がり最速2位の35秒3の末脚を見せるも、巻き返すことはできず5着に終わっている。

 レース後、北村友騎手は「ゲートの出が悪かったです。もっと良いポジションで競馬をしたかったです」と語り、さらに「終始、内にもたれている感じもありました」と敗因を探していた。

 そして、この敗戦にレッドヴェイパーの陣営はちょっとピリついているようだ。同馬を所有する東京サラブレットクラブの公式HPで、調教助手が「まさか出遅れるとは思っていませんでした」とコメント。さらに「とても悔しいですが、競馬なので仕方ありません。でもあの位置から5着まできたようによく頑張ってくれました」と無念さをにじませる。そして「レース後も体に傷みはありませんが、ああいう内容の競馬になってしまったので精神面への大きく、少しナーバスになっています」と終始厳しいコメントを続けた。

JRA北村友一に「ブチ切れ!?」安田隆行調教師の「恐怖コメント」に戦慄のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!