NEW

パチスロ「投資9枚」でチャンス到来も…… 話題の新台「激アツの狙い目」とは!?

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「投資9枚」でチャンス到来も…… 話題の新台「激アツの狙い目」とは!?の画像1

 

 大松のパチスロハイエナ実戦。今回は話題の新台『ガールズ&パンツァーG~これが私の戦車道です!~』について書いていきたい。

 本機は5号機『パチスロ ガールズ&パンツァー』の後継機で、前作を踏襲した演出やシステム、6号機でありながら1撃万枚もあり得ることで話題になった機種だ。

 特殊な有利区間の使い方をしており、基本的にはチャンスゾーン当選時に有利区間が終了しチャンス開始時に有利区間が開始する(チャンスゾーン当選時にも有利区間を引き継ぐ場合もある)。

 そのため有利区間ゲーム数でATが終了することは極めて稀で、継続し続ければほとんどの場合2400枚を獲得することが出来る。

 本機は「リセット後が狙い目」ということでも話題になっている。

 リセット後は非有利区間からスタート。「有利区間開始=チャンスゾーン開始」の仕様になっているので「リセット後はチャンスゾーンスタート」なのでは?と当初言われていた。

 しかし、現状はチャンスゾーンスタートではなく、「リセット後の30%で内部チャンスゾーン」という話である。

 自前の集計にはなるが、新台は全台リセットする傾向のホールで「6台設置1週間の内、朝一チャンスゾーン無しでのAT当選は5台」確認出来た。いずれも30ゲーム前後の当選となっている。

 チャンスゾーンのAT当選率は約40%なので、リセット後の30%に40%をかけて理論上は「12.5%」となり、ホールデータ上は5/42で「11.9%」とかなり近い数字が出た。

 リセット台を8回ほど打てば、平均1回程度ATに直撃する計算になる。

 狙い目はリセット後だけではない。本機は周期でもチャンスゾーン抽選を行っており、「6周期目は必ずチャンスゾーンに当選」する。実践上1周期は60ゲーム程度で消化出来るため、4周期目辺りから狙い目。

 現在の周期に関してはパネル部分の赤いボタンを押下すれば「液晶上」で確認出来る。

 そして忘れてはならない狙い目が「チャンスゾーン終了画面」だ。ここで設定示唆が行われていて設定6が濃厚になる画面もある。

 このチャンスゾーン終了画面もパネルの赤いボタンを押せば確認可能。「前回の名場面」と書かれたイラストがあればそれだ。

 未確認情報だが、「前回の名場面」の他に「本日の名場面」というイラストが出現する場合があり、設定2以上の示唆が出た場合に出現するという話がある。つまり「本日の名場面」が出た時点で「設定2以上が濃厚」になるとのことだ。

パチスロ「投資9枚」でチャンス到来も…… 話題の新台「激アツの狙い目」とは!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事