NEW

JRAアイビスSD(G3)「3点勝負」関係者情報でオールオッケー!? 人気馬はバッサリか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 直線1000メートルコースで行われる、国内唯一の重賞レース・アイビスサマーダッシュ(G3)。28日(日)に新潟競馬場で開催される夏の風物詩に、「現場の声を最重視するブロディN」が挑戦。極秘ルートから仕入れた「関係者ネタ」で的中を狙う。

 人気を集めると見られている、昨年の覇者・ダイメイプリンセスと2着馬のラブカンプー。だが今回この2頭は、ここ10年馬券圏内に入っていない1枠を揃って引き当てた。さらに関係者たちから、ダイメイプリンセスについて「暑い時期は得意な馬だけど、状態が良くなかった春先に使ったダメージが大きく、立て直すのに時間がかかっている」との情報を得た。

 またラブカンプーも「昨年の激走の反動で走ることにネガティブになっていた。ようやく稽古などでは復活の兆しが見えつつあるけど、重賞ではどうだろう」と、今回はひと叩きの意味合いのほうが強い様子。そのため、この2頭は切りと判断した。

 そして導き出した本命「◎」は、やはり11番ライオンボス(牡4歳、美浦・和田正一郎厩舎)だ。

 これまで目覚ましい結果を残せなかったライオンボスだが、2走前の芝・千直レース邁進特別(1000万下)で、その能力が開花。16頭立ての15番人気、単勝オッズ98.1倍ながら、2着に5馬身差をつける圧勝。三連単728,660円と高額配当の使者となった。

 そして格上挑戦となる韋駄天S(OP、芝1000メートル)へ。1番人気に支持されたライオンボスはここでも高い千直適性を十二分に発揮。カルストンライトオが叩き出したレコード53秒7にわずか0.2秒差の好タイムで優勝。前走がフロックでないことを証明してみせた。

「ここ2戦を見る限りでは、芝の直線競馬への適性はあると思います。また2走前から付けたチークピーシズもこの好成績に一役買っているようですね。

 最終追い切りはPコースで3歳1勝クラスと併せ馬。馬なりで5F69秒1、ラスト11秒8を記録しています。陣営は『あまり速くならないように注意。終いは併せる形でやりました』と話していました。気分良く走ってるように見えましたし、動き自体も悪くなさそうです。

 前走から斤量が3キロ増えて56キロ。さらに相手も強化されますが、『この馬も力をつけています』と陣営はキッパリ。ここは期待できそうです」(美浦関係者・A)

JRAアイビスSD(G3)「3点勝負」関係者情報でオールオッケー!? 人気馬はバッサリかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!