NEW

JRA新馬「1億オルフェーヴル産」に熱視線! 素質馬続々の夏競馬真っただ中のデビュー戦を一挙紹介

【この記事のキーワード】

, ,

JRA新馬「1億オルフェーヴル産」に熱視線! 素質馬続々の夏競馬真っただ中のデビュー戦を一挙紹介の画像3

 

 

7月28日(日) 新潟競馬場 第5R 芝1800メートル

 ここではキズナ産駒グランスピード(牡2歳、栗東・西村真幸厩舎)が人気を集めそうだ。

 母はセンティナリー、母父フレンチデピュティ。伯父には2008年の天皇賞・春(G1)などを勝ったアドマイヤジュピタがいる。

 中京競馬場4週目、芝2000メートルをM.デムーロ騎手で予定していたが、こちらへスライド。ここでは戸崎圭太騎手を背に初戦に挑む。

西村真調教師は同馬を含めてキズナ産駒を3頭管理している。その内レジェーロ、ルーチェデラヴィタはそれぞれ勝ち上がりを決めた。グランスピードも僚馬に続いて勝ち星をあげることが期待されている。

 ライバル筆頭はピオノノ(牡2歳、美浦・奥村武厩舎)。

 父キングカメハメハ、母マシュマロ、母父クロフネ、母母にシラユキヒメという血統。叔母には交流重賞3勝のユキチャンがいる。

 シラユキヒメの血を引くため、白毛も期待されたものの同馬は黒鹿毛。だが、「母系の特色が大きく出ている」と奥村調教師は評価する。M.デムーロ騎手とのコンビでデビュー戦Vなるか。

 今週も多くの良血馬が顔を揃えた。今週はどの馬が勝ち上がり、クラシックへの第一歩を踏み出すのだろうか?

JRA新馬「1億オルフェーヴル産」に熱視線! 素質馬続々の夏競馬真っただ中のデビュー戦を一挙紹介のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!