NEW

【レパードS(G3)展望】JRA3歳ダートの精鋭集う! JDD上位馬登場でも侮れぬメンバー構成

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【レパードS(G3)展望】JRA3歳ダートの精鋭集う! JDD上位馬登場でも侮れぬメンバー構成の画像1

 

 8月4日、新潟競馬場で3歳限定のダート重賞、レパードS(G3、ダート1800メートル)が行われる。ホッコータルマエ、トランセンドなど、ここをステップとして後にG1で活躍した馬も少なくない出世レース。レースを展望しよう。

 ジャパンダートダービー(Jpn1、ダート2000メートル)で2着だったのがデルマルーヴル(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎)。早目の仕掛けで先頭に立ったが、圧倒的人気のクリソベリルに交わされて3馬身離された。とはいえ、ドバイのUAEダービー(G2、ダート1900メートル)での4着好走はダテではなかったことを証明した。

 兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2、ダート1400メートル)に次ぐ重賞2勝目を上げ、やがては再び打倒クリソベリルに挑戦したいところ。ただし、4連勝でジャパンダートダービーを優勝したクリソベリルはそれほど強い相手と戦ってきたわけではない。クリソベリルを超一流場と見るのは早計かもしれない。ということは、1番人気が予想されるデルマルーヴルが思わぬ伏兵に脚元をすくわれるシーンも想定しておくべきだ。

 ヴァイトブリック(牡3歳、美浦・和田正一厩舎)は兵庫チャンピオンシップ(Jpn2、ダート1870メートル)で先に抜け出したクリソベリルを懸命に追走したものの5馬身差の2着だった。前走のユニコーンS(G3、ダート1600メートル)では出遅れが響いて11着に惨敗。戸崎騎手の「(後方からの競馬になったが)最後はもう少し伸びてくれてもよかった」というコメントは気になるが、マイル戦は少し短かった可能性もある。巻き返しは不可能ではないだろう。

 3連勝の上がり馬がサトノギャロス(牡3歳、栗東・西園正都厩舎)。新馬戦(ダート1200メートル)2着後、1200メートルの未勝利戦と500万下を連勝。ユニコーンSは薬物問題で除外になってしまったが古馬相手の清里特別(2勝クラス、ダート1400メートル)を追い込んで快勝した。勢いならナンバーワンだが、これまで短距離で活躍してきただけに1800メートル戦の克服が課題となる。

 アッシェンプッテル(牝3歳、栗東・奥村豊厩舎)は500万下(ダート1800メートル)と2勝クラス特別(ダート2000メートル)を連勝してここに臨む。負けたのは新馬戦(ダート1800メートル)の5着と500万下(ダート1800メートル)の3着の2回だけで、5戦3勝の勢いがある。鞍上予定はデビュー戦からずっと騎乗している城戸義政騎手。地味な騎手であることから人気薄になるようなら積極的に狙う手もある。

【レパードS(G3)展望】JRA3歳ダートの精鋭集う! JDD上位馬登場でも侮れぬメンバー構成のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!