NEW

JRA松田国英師「登録忘れ」の大チョンボ!? 反響大きすぎて「HP文章削除」の失態

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA松田国英師「登録忘れ」の大チョンボ!? 反響大きすぎて「HP文章削除」の失態の画像1

 8月15日に門別競馬場で行われるブリーダーズゴールドカップ(G3)で、有力視されていたレッドアトゥ(牝5歳、栗東・松田国英厩舎)が、調教師のミスで出走できなくなるという稀に見る珍事が発生した。

 レッドアトゥは昨年の後半から本格化。長らく超えられなかった500万下の壁を突破すると、今年に入って1000万下も順調に勝利。そしてその3カ月後には準OP戦も優勝し、今後は重賞戦線での好走も期待されていた。

「ブリーダーズゴールドカップに行く予定だったレッドアトゥですが、管理する松田国調教師が東京サラブレッドクラブの公式HPにまさかの登録忘れを告白。5月の末からブリーダーズゴールドカップを目標に調整が進められ、すでに同馬を函館競馬場へ移動させて現地で稽古を行うなど、お膳立てはできていたんですが……。

 松田国調教師は『すべての責任は管理調教師である私にあります』『出資会員の皆様、大変申し訳ございませんでした』と平謝り。出走レースをエルムS(G3)に変更するそうですが、あってはならない事態ですし、出資者からすればたまったものではないでしょうね」(競馬記者)

 あまりにも反響が大きかったのか、この松田国調教師の告白はすでにHPから削除され、現在では『調教師よりブリーダーズGCへの登録漏れの連絡があり、8月11日(日)のエルムSに出走予定となりました。』と事実を簡略的に伝える文章に変更されている。だが、削除前に掲載されたコメントのスクリーンショットなどがネット上では出回っており、競馬ファンを中心に話題となっている。

JRA松田国英師「登録忘れ」の大チョンボ!? 反響大きすぎて「HP文章削除」の失態のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!