NEW

JRA「舞台最高」メールドグラースはトップハンデも怖くない!? 小倉記念(G3)で中距離G1戦線殴りこみの準備へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:メールドグラース/『JBISサーチ』より

 小倉記念(G3、芝2000メートル)は夏のローカル重賞かつハンデ戦ということもあって1番人気が飛ぶことが多い。1番人気になるであろうメールドグラース(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)について検討しよう。

 メールドグラースは今年の初戦、1000万下(芝2200メートル)を勝利すると、1600万下特別(芝2200メートル)を2馬身近くの差をつけて連勝。そして、新潟大賞典(G3、芝2000メートル)を7番人気ながら優勝。重賞初挑戦・重賞初制覇だった。続く鳴尾記念(G3、芝2000メートル)も制し、4連勝にして重賞2連勝と勢いに乗っている。小倉記念を勝って5連勝にして重賞3連勝を達成できるのだろうか。

「相手関係だけで見れば小倉記念を楽勝できるはずです。今年のメンバーで他の重賞勝ち馬はカデナとストロングタイタンだけです。カデナは一昨年の弥生賞(G2、芝2000メートル)を勝っていますが、レースレベルは未勝利戦並みと言われ、その評価通りその後は長く低迷しました。ここ2走は3着と復調気配を感じさせますが、所詮はリステッド、オープンでの成績です。ストロングタイタンは昨年の鳴尾記念優勝馬ですが相手に恵まれたたもので、その後は不振続きですからね。

 ただし、トップハンデの57.5キロは走ってみなければわかりません。これまで56キロまでしか背負ったことがなく、前走から1.5キロ増です。とはいえ、秋にG1レースに挑戦するためには57.5キロは克服してほしいところです」(競馬ライター)

 ところでメールドグラースが初勝利を上げたのは6戦目の未勝利戦(芝2000メートル)。どうして1勝するのに約半年もかかってしまったのだろうか。

「清水久詞調教師が『新馬のときから楽しみにしていた馬』と言うように、期待される素質馬だったのですが、デビュー戦から4戦連続3着と勝ち切れませんでした。陣営は4歳になって本格化してきたのは『もともと能力はあった馬。鞍上の指示を聞くようになって扱いやすくなった点が大きい』と、気性面の成長にあると分析しています。

JRA「舞台最高」メールドグラースはトップハンデも怖くない!? 小倉記念(G3)で中距離G1戦線殴りこみの準備へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事