NEW

JRA「名手たちは匙投げた?」デルマルーヴルのレパードS(G3)暗雲の理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※デルマルーヴル/『JBISサーチ』より

 8月4日、新潟競馬場で3歳限定のダート重賞、レパードS(G3、ダート1800メートル)が行われる。1番人気が予想されるデルマルーヴル(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎)について検討する。

 レパードSのメンバー中、重賞を勝っているのはデルマルーヴルだけだ。しかも、前走のジャパンダートダービー(Jpn1、ダート2000メートル)では4戦4勝、無敗で3歳ダート王に輝いたクリソベリルの2着だった。レパードSを勝つにふさわしい実績を残してきた。その足跡を振り返ってみよう。

 昨年8月、札幌の新馬戦(ダート1700メートル)は4着に終わったが、中山の未勝利戦(ダート1800メートル)では動きが一変。3番手からの競馬で2着馬に7馬身差をつけて圧勝した。東京のオキザリス賞(500万下、ダート1400メートル)で内を鋭く突いて快勝すると、園田の兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2、ダート1400メートル)では3連勝で重賞初制覇を飾る。

 2歳の最終戦は12月、川崎の全日本2歳優駿(Jpn1、ダート1600メートル)。伏兵ノーヴァレンダが3角から先頭に立って後続を引き離したが、中団からの追走となったデルマルーヴルは直線でよく伸びてノーヴァレンダとクビ差の2着に好走した。

 今年の初戦、ヒヤシンスS(L、ダート1600メートル)は3着に敗れてしまったが、陣営はドバイUAEダービー(G2、ダート1900メートル)への遠征を決断し、4着に健闘。帰国後、ジャパンダートダービーに参戦。直線では早目に先頭に抜け出したが、直後にいたクリソベリルに交わされて3馬身差の2着だった。

 これまで8戦して走った競馬場は7場。札幌、中山、東京、園田、川崎、メイダン(ドバイ)、大井。どんな競馬場でもよく走る。初の新潟はなんの問題もない。全成績は【3・2・1・2】。着外の2回は新馬戦とUAEダービーで、いずれも4着に踏みとどまっている。距離も1400~2000メートルまでこなしている。文句なしにレパードSの本命と言っていいだろう。

JRA「名手たちは匙投げた?」デルマルーヴルのレパードS(G3)暗雲の理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!