NEW

JRA小倉記念(G3)「ディープインパクトの可能性拡大へ」アイスバブルにかかる期待

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRAレパードS(G3)「ディープインパクトの可能性拡大へ」アイスバブルにかかる期待の画像1

 8月4日に開催される小倉記念にアイスバブル(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が出走する。前走の目黒記念(G2、芝2500メートル)では2着に健闘した。2度目の重賞で重賞初制覇を飾れるのだろうか。

 多くの名馬は3歳クラシックから活躍する。しかし、成長が遅れたり気性面の問題などから4歳になって素質が開花してくる馬もいる。今年の小倉記念は、そんな遅れてきた4歳馬3頭の戦いになるのかもしれない。

 1頭はメールドグラース。今年になって4連勝を飾り、近2走では新潟大賞典(G3、芝2000メートル)と鳴尾記念(G3、芝2000メートル)で重賞を連勝中だ。もう1頭がアイスストーム。この春、1000万下特別(芝1800メートル)と3勝クラス特別(芝1800メートル)を抜群の切れ味で連勝して、小倉記念で重賞に初挑戦する。

 アイスバブルも遅れてきた4歳馬の1頭だ。昨年11月に1000万下特別(芝2200メートル)を勝ち、今年の1月、1600万下特別(芝2400メートル)を連勝。目黒記念で重賞に初挑戦すると2着に好走した。昨年の8月、小倉でようやく500万下(芝1800メートル)を勝った馬が約1年で急成長した。

 とはいえ3歳春にはプリンシパルS(オープン、芝2000メートル)で日本ダービー(G1、芝2400メートル)を目指したこともある。結果は8着だったが、陣営の期待の高さがわかる。小倉記念出走にあたって池江泰寿調教師は「(アイスバブルの)最大の長所はお父さんがディープインパクトだということ」と語っている。もちろん、7月30日、ディープインパクトが死亡したからこその発言だ。

 現役時代のディープインパクトを管理していたのは池江泰寿調教師の父、池江泰郎元調教師。オーナーは金子真人氏(名義は「金子真人ホールディングス」)。オーナーが金子真人氏であり、池江厩舎所属のアイスバブルはまさに“正当”のディープインパクト産駒。“ディープインパクト追悼競走”と銘打たれた小倉記念で、偉大な父に新たな重賞制覇をプレゼントしたい。

 東スポのYouTube動画によると、ディープインパクトが池江泰郎厩舎に入厩してきたとき池江泰寿厩舎はすでに開業していたが、ディープインパクトの新馬戦勝利を見て「これでオヤジもやっとダービー馬を出せたな」と感じたそうだ。

JRA小倉記念(G3)「ディープインパクトの可能性拡大へ」アイスバブルにかかる期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事