NEW

JRAレパードS(G3)関係者情報「6点」でいける!? 厚く張ってガッポリか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRAレパードS(G3)関係者情報「6点」でいける!? 厚く張ってガッポリかの画像1

 8月4日(日)、新潟競馬場で開催される3歳限定のダート重賞、レパードS(G3、ダ1800メートル)。過去の勝ち馬にはホッコータルマエやトランセンドなど、後のG1馬が顔を揃えるため、出世レースとしても知られている。

 このレースに、「現場の声を最重視するブロディN」が挑戦。極秘ルートから仕入れた「関係者ネタ」で的中を狙う。

 前走よもやの大敗を喫したヴァイトブリック。関係者は、「出遅れたうえに、揉まれる競馬を強いられたため、気持ちが途切れてしまったようだ」とその敗因を語る。前走後は、ノーザンファーム天栄へ放牧に出されて、直接新潟競馬場入り。「滞在効果で落ち着いてくれればいいけど。どれだけリフレッシュできたのかが重要」と精神面を課題にあげていた。まだ万全ではないと思われるため、今回は断腸の思いで切ることにした。

JRAレパードS(G3)関係者情報「6点」でいける!? 厚く張ってガッポリかの画像2
※画像:デルマルーヴル/『JBISサーチ』より

 本命「◎」に選んだのは10番のデルマルーヴル(牡3歳、栗東・戸田博文厩舎)だ。

 3連勝で兵庫ジュニアグランプリ(G2)を制覇。続く全日本2歳優駿(G1)でも2着と結果を残し、世代屈指の実力があることを証明した。

 今年はヒヤシンスS(L)3着、UAEダービー(G2)4着、ジャパンダートダービー(G1)2着と、勝利こそないものの、場所を選ぶことなく好走。環境の変化に戸惑うことがない、メンタルの強さも同馬の武器だ。

「実は前走後に皮膚病を疾患。今後が危ぶまれたものの、最近になり急回復したんです。美浦Pコースで僚馬を6馬身追走する形で行われた最終追い切りでも、直線入り口で追いつくとそのまま併入。馬なりで5F65秒1、ラスト11秒9をマークし、体調面の不安を払拭しています。陣営は『タフな馬で本当に助かる』と話していました。

 吉田隼人騎手と初コンビとなりますが『癖のない馬だからテン乗りも問題なし。スムーズな競馬ができれば』と信頼を寄せていました」(栗東関係者A)

JRAレパードS(G3)関係者情報「6点」でいける!? 厚く張ってガッポリかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事