NEW

【エルムS(G3)展望】JRA「アノ馬たち」がダートで!? 個性派だらけの札幌砂王決定戦

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【エルムS(G3)展望】JRA「アノ馬たち」がダートで!? 個性派だらけの札幌砂王決定戦の画像1
※画像:グリム/『競馬つらつら』より

 8月11日、札幌競馬場でエルムS(G3、ダート1700メートル)が行われる。秋のダート戦線を盛り上げてくれそうな素質馬が揃った。レースを展望しよう。

 重賞を4勝している格上の存在がグリム(牡4歳、栗東・野中賢二厩舎)。前走の盛岡マーキュリーC(Jpn3、ダート2000メートル)では先行集団の4番手につけ、直線では早目に先頭に立って完勝した。昨年の3歳ダート路線における有力馬の1頭だった。重賞初挑戦のユニコーンS(G3、ダート1600メートル)では2番人気に支持されたが、前が開かない不利もあって9着に敗退。しかし、続く8月のレパードS(G3、ダート1800メートル)では果敢に逃げて重賞を初制覇した。

 それ以降、重賞を6戦して3勝2着2回3着1回と抜群の安定感を誇る。スピードまかせに逃げるだけではなく、好位から抜け出すレースが板についてきた。ただし、G2戦では3着、2着と勝ち切れていないように一線級のメンバーと戦うには一回りのパワーアップが必要なようだ。だからこそG3のエルムSは負けられない一戦。レパードS以来となる中央場所での重賞制覇を目指す。

 急激に力をつけつつあるのがモズアトラクション(牡5歳、栗東・松下武士厩舎)。5月の平安S(G3、ダート1900メートル)では、6月の帝王賞(Jpn1、ダート2000メートル)で2着に好走するチュウワウィザードとハナ差の接戦を演じて2着に惜敗した。エルムSで重賞初制覇を達成、秋のダートG1戦線に殴り込みをかけるのはこの馬かもしれない。追い込み脚質が難点だが、逃げ・先行馬が揃ったここはまくりあるいは差しが功を奏する可能性を期待できる。

【エルムS(G3)展望】JRA「アノ馬たち」がダートで!? 個性派だらけの札幌砂王決定戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事