NEW

パチスロ「期待値1000枚超え」を目指すも……記録的な獲得枚数!? 簡単「リセット確認」方法をご紹介!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大松のパチスロハイエナ実戦。今回は『パチスロ花の慶次〜天を穿つ戦槍〜』について書いていきたい。

 本機はARTのみで出玉を伸ばすタイプの機種で、ART「大合戦BONUS」は純増2枚の1セット最大100ゲーム。敵を殲滅すれば継続していく『モンスターハンター月下雷鳴』のような継続システムとなっている。

 本機のARTは主に周期抽選で当選。100ゲーム枚の末尾87で周期当選のチャンスだ。

 周期によって期待度が異なり、特にアツい周期は587ゲームで約25%と887ゲームで約50%でARTに期待が出来る。 

 この2つのゾーンと天井を狙う立ち回りが一般的だ。天井は1187ゲームの周期。この天井で当選するとARTストックが1つ貰えた状態から「大合戦BONUS」がスタートする。このストックは「バトルに敗北した場合」のみ消費されるため強力な天井恩恵だといえる。

 天井からの獲得期待枚数は「1000枚近いのでは」という話もある。

 実はリセット確認が比較的簡単な機種なので、宵越しゾーン宵越し天井狙いがしやすい機種でもあるのだ。

 リセットの場合は朝一の液晶ゲーム数が「??」となっており、何ゲームから周期抽選が行われるかは分からない。

 据置きの場合は液晶ゲーム数が「??」になっているも、前日のゲーム数を参照して周期抽選が行われる。

 例えば前日50ゲーム止めの台の場合、開始から37ゲームで周期抽選の演出が始まれば据置き濃厚。逆に、違うゲーム数で始まった場合はリセット濃厚となる。

 そしてそもそものコイン持ちが良いので、強力な天井恩恵も合わせて、一般的には400ゲーム辺りから「当りまで打ち切ってしまった方が得」だとされている。

パチスロ「期待値1000枚超え」を目指すも……記録的な獲得枚数!? 簡単「リセット確認」方法をご紹介!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!