NEW

JRA三浦皇成「叱咤」に関係者注目!後輩に“厳しすぎ?”の理由は?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA三浦皇成「叱咤」に関係者注目!後輩に厳しすぎ?の理由は?の画像1

 8月11日(日)、新潟競馬場の第8レース(3歳以上1勝クラス、ダ1200メートル)は、1番人気の山田敬士騎手が騎乗するアイアムハヤスギル(牡3歳、美浦・奥平雅士厩舎)が勝利。人気に応えてみせた。

 好ダッシュを見せたアイアムハヤスギルはタマモキャペリン、トモジャバロンドらと主導権争い。それを制したアイアムハヤスギルは3角手前から先頭に立つと、そのまま直線を迎える。そこからも脚色は鈍るどころか、さらに冴え渡り、後続を突き放して2着に2馬身半差をつけ勝利を収めた。

 騎乗した山田騎手は約2カ月ぶりに自身6勝目をあげた。だが勝利の余韻が冷めやらぬ山田騎手に、“物言い”をつけてきた騎手がいたという。関係者の話。

「レース後、エリンアクトレスに騎乗していた三浦皇成騎手が、『周りが気を遣っているのにお前はわかんねえのか』などと言いながら、山田騎手を怒っていたんですよ。知り合いの騎手にその理由を聞いたところ、『内枠からハナへ行くかどうか中途半端だった動きが気に入らなかったみたい』と教えてくれました。個人的には、そこまで強く言わなくてもいいのではないかなとは思いましたね」(競馬関係者)

 三浦騎手からカミナリを落とされてしまった山田騎手。またある騎手によれば、これは今回だけではなく、度々起こっていることだという。

JRA三浦皇成「叱咤」に関係者注目!後輩に“厳しすぎ?”の理由は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!